スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道東に行ってきました。その3

前回のつづき

3日目の朝、川湯温泉を立つ前に足湯に立ち寄りました。

DSC_0162
DSC_0162 posted by (C)higekuma
残念ながら掃除中でした。

DSC_0160
DSC_0160 posted by (C)higekuma
ただ、足湯をするあずま屋の横の川の水がお湯でした。

川湯温泉は、付近の火山活動の影響でかなり浅いところを流れる地下水が温水になっているそうです。
そのため、川が温泉状態に。
アイヌの人たちも「セセキベツ(熱い川)」と呼んでいたようです。
でそのまんま訳すと「湯の川」になるんですが、すでに函館に同じ名前があったため、
「川湯」と名付けたとか。

DSC_0159
DSC_0159 posted by (C)higekuma
まあ、とりあえず記念撮影でもしておきますか。

このあと、しばらくお湯の川で遊んで、
掃除がすんでお湯が溜まり始めた足湯を楽しんでから川湯温泉を発ちました。

次の行き先は硫黄山です。

DSC_0141
DSC_0141 posted by (C)higekuma
川湯温泉から車でほんとにすぐ近くにあります。

DSC_0176
DSC_0176 posted by (C)higekuma
記念撮影を。

それにしても、すごい景色です。

DSC_0178
DSC_0178 posted by (C)higekuma
地球上じゃないみたいです。

DSC_0169
DSC_0169 posted by (C)higekuma
いたるところから蒸気が噴出しています。

学生時代に訪れたときに衝撃を受けたことを覚えています。
細かな景色は忘れてましたが、やはり絶景です。

DSC_0173
DSC_0173 posted by (C)higekuma
振り返った時の豊かな自然との対比も見事です。

DSC_0180
DSC_0180 posted by (C)higekuma
ん?子どもたちがなにか始めましたよ。

DSC_0147
DSC_0147 posted by (C)higekuma
どうやら湧き水(湯)の流れ道をせき止めて遊んでいるようです。

DSC_0182
DSC_0182 posted by (C)higekuma
こんなところに来てまで、一心不乱にくだらない遊びをしている姿に感動すらしました。

次の行き先は渡辺体験牧場です。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。