スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡に行きました。その5

のつづきです。

静岡旅行3日目は富士サファリパークに行きました。
が、前日の夜中から大雨・・・。

朝になってもザアザア降りでしたが、とりあえず行ってみることに。

9時の開園に合わせて到着しましたが、なんと、大雨なのに、
長蛇の車列が。
みんなこんな天気でも動物が見たいんですね。

富士サファリパークでは、ジャングルバスというのに乗れて、
動物を金網越しに近距離で見ることができたり、餌をあげられたりします。
うまく9時20分発のバスの席が取れました。

バスは横がほとんど金網で雨がどんどん吹き込んでくるとのことで、
案内所で売っていたビニール製のポンチョ(1個150円)を購入。
これが、ほとんどただのゴミ袋なんですが、
大雨の中を走るジャングルバスでは、必需品でした。

雨の中、ライオンやラクダやサイやトラなどを見ました。
目の前で肉を食べるライオンは迫力がありました。
「きたあかり」も動物をたくさん生で見られて喜んでいました。
妻もかなりテンションが上がっていたようです。
が、どんどん雨が吹き込んでくるので、写真は取れず・・・。

楽しかったですが、
今度は天気がいい日に行きたいですね。

富士サファリパークは、ウォーキングサファリやふれあい動物園などもあるのですが、
大雨の中で回ることには魅力を感じられず、次回に期待ということにしました。

では、どうしようか、という話になりますが、
じつは、2日目の宿でご主人に勧められたところがありました。
奇石博物館というところです。

いろんな石が展示しているらしく、それも魅力的ですが、
特にお勧めと言われたのが、宝石探し体験
30分間の制限時間内で運が良ければ宝石も見つけられるとのことでした。
屋内のものであれば、天気が悪くても楽しめるだろうということで、
ここに行くことにしました。

ナビに従い、向かいますと、何やら細い道を山の中に入っていきます。
大丈夫かな?と心細くなったくらいでちょうど到着しました。
そこは、ソフトバンク携帯がつながらないほどの山の中でした。
(ちなみにドコモはつながるそうです。)

奇石博物館は、その名の通り、奇妙な石や珍しい石などが展示されていました。
面白かったです。

見るのに夢中であまり写真を撮っていなかったのですが、

DSC05951DSC05951 posted by (C)higekuma
龍眼石だそうです。
自然にここまでなめらかな球になるなんて信じられないですね。

DSC05952DSC05952 posted by (C)higekuma
ティラノサウルスの化石(のレプリカ)。
大きいです。本物のほうはアメリカにあるそうです。

DSC05953DSC05953 posted by (C)higekuma
石化したトンボ。
細部まで完全に石化してますね。

お世辞抜きでかなり楽しめました。
正直それほど期待していなかったのですが、ヒットでした。

そして、宝石探しへ。

水槽の中の砂利に混じったきれいな石をスコップでひたすら探します。
すごく夢中になってしまいました。

DSC05959DSC05959 posted by (C)higekuma
夢中な「男爵」。

DSC05956DSC05956 posted by (C)higekuma
夢中な「メークイン」。

DSC05957DSC05957 posted by (C)higekuma
夢中な(?)「きたあかり」。

みんなで結構な量のきれいな石を取りました。

地元の親子連れの方も結構来ていて、
みんな(特にお母さん)夢中になっていましたよ。
確かに近所にこんなところがあったら、結構通うかもしれませんね。

すっかり奇石博物館を堪能したひげ一家でした。

そして、おなかもすいてきたので、お昼ご飯を食べに行くことに。
これまた、当初の予定では富士サファリパークでお昼を取るつもりだったので、
全く下調べをしていません。
急きょ、妻にガイドブックを調べてもらい、
蕎仙坊(きょうざんぼう)という蕎麦屋に決定。
その前に、電話のつながるところまで下りて、本日もフルフールにお電話しました。

蕎仙坊は古い民家(庄屋さんのおうち?)を改装したお店のようです。

DSC05963DSC05963 posted by (C)higekuma
待合い場所にも風情がありますね。

DSC05966DSC05966 posted by (C)higekuma
子どもたちも興味津々です。

DSC05970DSC05970 posted by (C)higekuma
通された席にて。

DSC05973DSC05973 posted by (C)higekuma
こちらの方々も。

窓から見える雨に濡れた庭先に、山鳩が歩いていたり、
黄色いきれいな小鳥が飛んで来たりと風情がありました。

おいしいおそばを堪能しましたが、また写真を撮り忘れてしまいました。
おつゆをつけないで、蕎麦だけでも味わってみましたが、
それでも非常においしかったです。

さらには、結構いい量の盛り付けで、大満足でした。

こうして、おそばで満足したあと、御殿場に向かい、
フルフールで再びフルーツゼリーをゲットして、3日目のお宿へと向かいました。

つづく

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。