スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍の涙のわけ

昨夜、報道STATIONをみていると、松岡修造さんと
横綱の朝青龍関の対談が放映されました。

朝青龍関といえば、年間6場所完全制覇、7連覇、年間最多勝記録更新の
3つを成し遂げた強いお相撲さんです。
(説明する必要すらないかもしれませんが・・・。)

また、一昨年の札幌巡業ではジャガイモブラザーズの頭をなでてもらい、
すっかり我が家のごひいき力士でもあります。

で、この対談の中で、九州場所14日目に魁皇関を下した後の涙に
話題が及びました。

この涙、スポーツ新聞などでは、
「周りが魁皇、魁皇って騒ぐと寂しくなるんだもん。
一匹狼みたいな気持ちになって絶対勝ってやると思った」(スポーツニッポン
などと書かれ、プレッシャーに打ち克って偉業を成し遂げた末の
感情の高ぶりによるものと受け止められていました。

松岡さんとの対談の中で横綱は、
「皆が魁皇、魁皇と言ってる中で塩を取りに行くと、
あるお客さんと目が合った。一人だけ自分を応援してくれていた。
勝って振り向いてまた目が合ったら、すごく喜んでいた。
それがとてもうれしくて我慢できなくなった。」
と、うれしそうに語っていました。
(思い出しながらの記述なので、言葉じりは正確ではないかもしれません。)

そんな横綱に思わず、
「いやいや、うちは一家揃って横綱びいきですよ!」
とテレビに向かって声をかけてしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TBさせて頂きました

関連記事をTBさせて頂きました。よろしくお願いします。

コメントありがとうございます

こちらからもトラックバックさせていただきますね。

ありがとうございました。
プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。