スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北に行ってきました。その4

昨日、今日とやけに暖かい札幌です。
天気予報では、今日の最高気温は8℃だとか。
4月上旬並みだそうです。

さて、前回のつづきです。

そしてやっと故宮博物院へ。
士林からタクシーで向かいました。
中は撮影禁止のため、写真はほとんどありません。

タクシーが横付けしてくれたのは団体客用の入り口で、本来の入場口より一階分下でした。
当初、どこが入場口か分からず、少しウロウロしました。
そのうちにチケット購入もでき、中へ、とおもいきや、バッグを持っては入れないとのことで、
ロッカーにバッグ類を預けて、改めて中に入りました。
蒋介石率いる国民党が台湾に来るときに持ってきた紫禁城のめぼしい宝物が展示されているのが故宮ですから、
持ち運びしやすくて高価なものばかりな訳です。
そう、丁度バッグで持ち運べるくらいに・・・。
と、言うことなんでしょうね。

故宮博物院は元旦に無料開放されるそうで、この日は前日の大晦日。
そのせいか、思ったほどは混んでいませんでした。
また、新しく台南の方に分院ができたとかで、目玉の「翠玉白菜」はその分院にお出かけ中でした。
道理でそれなりの混み具合の訳ですね。
もう一つの目玉の「肉形石」はありました。

ネットからの拾い物ですが、御覧ください。

Jade_cabbage_closeup
翠玉白菜です。

Dscn4623_m
肉形石です。

激混みではない、といってもそこそこの人出はありましたし、見るものも多数で、
思い思いにウロウロしているうちに、気をつけていたつもりでも家族がふた手にはぐれてしまいました。
こんな時のために国際ローミングができるように設定して持参したいつもの携帯電話は何と博物院の中では圏外に!
でも、そんなに時間がかからずに合流出来てホッとしました。

DSCF9242
見終わって出てきてからの記念撮影です。

展示室の三分の一も見なかった気はしますが、十分お腹いっぱいになりました。
この日の目的は果たしたので、さあ、これからどうしようか?と家族会議を。
結果、妻がガイドブックから見つけ出したオタクビルに行ってみることになりました。
もちろん、妻の提案に息子たちが食いついたからですね。
ホテル発、オタクショップからの、故宮博物院経由、オタクビル行きとは。
これまたある意味贅沢な旅です。

故宮からの帰りは歩いて麓まで下って、本来?正門をでたところでタクシーに乗りました。

DSCF9249
この写真の上の方の建物がさっきの記念撮影で写っていた建物です。
結構下っているのがわかるでしょうか?

この帰りのタクシーが台北旅行で乗った中で一番ひどくて、乗ってて怖いくらいにスピードは出すわ、
MRT士林へと言ったのに隣のMRT芝山へ連れて行かれるわでした。
そのせいかどうか、10NTD(約40円)行きより余分にかかりました(笑)。

5688877eadb715688877eadbae
そんな中撮影した、台湾のファミリーマート。
「全家」って言うんですね。


芝山からMRTで西門へ移動してオタクビルへ向かいます。

DSCF9253
西門は若者の街だそうで、どことなく東京の例の街を感じさせますね。

DSCF9254
派手なビルですね。でも、ここは目的地ではありません。

DSCF9255
メイド喫茶の看板を発見。

DSCF9258
「江戸侍拉麺」ですって。

DSCF9259
目的地のオタクビルは、正式名称を「萬年商業大樓」と言います。

DSCF9260
4階がオタク感満載でした。

DSCF9261
違和感なく店に吸い込まれていく双子たち。

5688865b281e45688865b28223
そして兄貴達がいれば物怖じしない娘。

568886cfdda5b568886cfdda9b
ぐるっと物色していきます。
ま、途中で飽きて妻と娘は地下の食堂街に降りて行きましたが。

DSCF9262
ズラッと並ぶ玩具達・・・、ん?

DSCF9263
人型ボール、だと?!

56888690d347856888690d34b6
こんなのもありました。

56888763ae3e856888763ae426
堪能できたようで、何よりです。

このオタクビルは4階から下の階に下がるほど、店の雰囲気も外界に近づいてて面白かったです。

DSCF9264
と言っても、こういうTシャツとか売ってるんですけどね。

DSCF9265
うーん、すごいセンスだ。

DSCF9266
このバッグは、思い切って買っても良かったかもと後から本気で後悔しました。
インパクト大ですもんね。ま、出オチってやつですが。

DSCF9267
そして、妻たちの待つ食堂街へ。

DSCF9268
ん?ヒゲちゃんとな?

DSCF9269
こちらでは「小鬍子」と書くようです。
何やら親近感の湧くイラストですね。ま、スルーでしたが。

DSCF9270
結局、「きたあかり」や妻と合流の後は、ホテル付近のMRT駅まで戻り、
夕食は誠品書店のフードコートで摂ることにしました。

DSCF9272
私がいただいたのは、水餃子と、

DSCF9273
青菜でした。

DSCF9271
各々が各々の好きなものを食しました。

ホテルに戻ってから近くの新光三越のデパ地下に行ってドリンク類を買い込みました。

DSCF9280
外では、どんちゃん騒ぎが始まっていました。
ようかい体操第一なども聞こえてきて変な感じです。
カウントダウンまで夜通しお祭りなんでしょうね。

568886ecba079568886ecba0b8
そんな中、私たちはホテルの部屋で衛星中継の紅白歌合戦を鑑賞。

いつも「ガキ使」の笑ってはいけないシリーズで年を越していたため、久しぶりのリアルタイム紅白でした。
懐メロ的要素で妻と盛り上がりました。小林幸子さんのラスボス四変化もすごかったねすよね。

568886f93aabf568886f93aafe
2015年は紅組の優勝でした。

568887000e8df568887000e91d
いやー堪能しました。

その後はそのままNHKのゆく年くる年をみて、日本時間での年越しをしました。
みんなで年始の挨拶を交わしてから、外へ出かけます。
今度は台湾時間での年越しです。

5688879d9cb585688879d9cb95
台北101のカウントダウン花火を見ようと外は人でいっぱいです。

101がよく見える場所まで進もうとしましたが、途中から人出が半端無なってきて、近づくことは断念しました。
ホテルから近い場所で比較的101がよく見える場所で座って待つことに。

DSCF9284
ま、こんな感じで。

20分ほど待ちますと、

DSCF9297
DSCF9298
568888cce87ce568888cce880e
101の電気が消え、カウントダウンの数字が点灯しだしました。
周囲もそれに合わせてカウントダウンを開始します。

そして「0」と同時に「Happy New Year!!」

DSCF9301
そして始まる花火。101が花火に包まれました。

5688889a6d5995688889a6d5d7
DSCF9303
DSCF9305
DSCF9307
5688873e44e7c5688873e44eb9
5688876fcd8e95688876fcd927
568887727243f568887727247d
5688897c89ed95688897c89f17

もう、きっと後何度もないであろう家族だけでみんな揃っての旅行。
この年越しを家族みんなで体験できたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。