スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲大社に行ってきました。その3

数年に一度の猛吹雪!との触れ込みだった今回の爆弾低気圧、札幌はほぼ空振りでした。
道東や道北はえらいことになってますし、全国各地で被害も相次いでいるようなんですが、
何故か札幌は穏やかでした。
札幌全市の小中高を臨時休校にしたのにね。
でも、これに懲りて今度爆弾低気圧の予報の時に学校を通常授業にするのは、
それはそれでえらい目にあった時に恨みを買いますので、
教育委員会の先生方は、「何も起こらなくて良かった!」と思っててくださいな。

さて、出雲大社はお守りを授かりに。

60年に一度の遷宮の真っ最中ですので、お守りにも60年に一度の限定授与があります。
写真は撮り忘れましたが、そのひとつは、「蘇(よみがえり)守り」。
遷宮期間だけ授かれるありがたいお守りです。
ちゃっかりいただいてきました。

また、各種お守りに和紙で包まれたバージョンがありました。
これらの和紙は、本殿の屋根を葺いていたヒノキが漉き込まれているとのこと。
こちらも、遷宮期間だけの限定授与だそうです。
こちらもちゃっかりいただいてきました。

あと、神宮でいただいてきた御神札の横に納まっていただく大社の御神札も授かってきました。
この後、帰ってきてから地元の氏神様の神社からも御神札をいただいて、我が家の神棚が完成しました。
ありがたやありがたや。

そして、神楽殿へ移動しました。ご祈祷を受ける場所ですね。

DSCF7412
神楽殿の目玉といえば大注連縄です。

DSCF7415
注連縄の下で記念写真をば。

DSCF7418
「メークイン」の表情、頑張ってるねぇ。

DSCF7419
以前は、大注連縄にお賽銭をさすとご利益があるなんて言われていたみたいですが、今は金網を張ってさせないようにされてます。
でも、よく見ると千円札とか入ってるんですよね。

これで、参拝は終了です。
いやー、今回も良かった。

神門通りまで戻って、昼食を摂って帰りますか。

DSCF7433
帰り道に見つけたこの岩は・・・、もしや!

DSCF7432
やっぱり、さざれ石だ!!
こっちのほうが立派な大きさでした。

DSCF7438
更に帰りがけに野見宿禰神社が。
野見宿禰といえば、お相撲の元祖ですね。

5483fe04b50445483fe04b5fe4
土俵入りが奉納されたようです。

DSCF7435
よく見ると、

DSCF7436
両脇のうさぎも、

DSCF7437
ドスコイバージョンでした。
股のどんぐりは、「きたあかり」がお供えしました。

DSCF7440
じゃ、「きたあかり」関、記念写真をお願いします。

DSCF7442
お昼は出雲そばにしました。

DSCF7441
あご(トビウオ)の野焼きも頼みました。

美味しゅうございましたとも。

このおそばのお店、そんなに大きくないせいもあり、入った時には先客が一組待っていました。
が、そんなに待たずには入れました。
ところが、私達が席について注文をしたくらいから、どんどんお客さんが増えて、店の外にまで並んでいる状態に。
おそばも十割そばは私達が頼んだのが最後で、次のお客さんからは二八そばのみになってました。
ほんのタッチの差で運が良かったみたいです。

運がいい、といえばこの時点でわかっていたことで、前日の夜から新千歳空港は大雪になっていました。
それも、欠航や遅延が何便も出ている状況のようです。
天気の変化が半日早ければ、私達は出雲に来れなかったかもしれませんね。

こうやって、ちょっとずつ運がいいのもご利益なんでしょうか?

あ、でも帰れないかもしれないのは、どう考えましょう?
きっとその時は帰らないほうがいい理由があるんですよ、多分。

DSCF7443
お蕎麦屋さんをでたあと、竹野屋さんを角度を変えて撮影。

DSCF7445
出雲ぜんざいも食しましょう。
美味でした。

DSCF7448
出雲そばコーヒーも。
頼んだ時に、モーニングみたいにコーヒーと一緒に出雲そばが出てきたらどうしよう?
とか下らないことを考えてましたが、炒ったそばの実をコーヒー豆に混ぜているそうです。
普通に美味しいコーヒーでした。

DSCF7452
この建物は吉兆館という道の駅です。
中には古代の出雲大社本殿の復元模型などが展示されているそうです。
駐車場をお借りしましたが、時間の都合上、展示には入りませんでした。

DSCF7456
吉兆館の近くには出雲阿国の像が。
「きたあかり」が真似てます。
右手のホッカイロが扇の代わりのようです。

吉兆館を出て、空港に戻る前に寄り道をしました。
目的地は、参拝の最初の稲佐の浜のすぐ近くです。

上の宮という神社です。

事前に調べた道をいくと、車がやっと通れるかどうかくらいの小路の中程にありました。

DSCF7457
こんな神社です。
なぜ、出雲大社参拝の締めにこちらに参ったかといいますと、
神在月に出雲にお集まりになった八百万の神々がこの神社で誰と誰の縁を結ぶか昼間に会議(神議り)をしているんだそうで、
やっぱり、ご挨拶をしたいと思ったのです。

しっかりお参りしてきました。

さらに時間があれば、神在月が終わって出雲大社をお発ちになった神々が最後に訪れるという万九千神社にも興味があったのですが、
そちらは、又の機会としました。

DSCF7459
空港着。
飛行機について確認したところ、やはり雪の影響で新千歳空港発着の便は遅延や欠航が相次いでいるようです。
私達の便も出雲-羽田は問題ないのですが、羽田-新千歳はなんとも言えないので、
羽田についてから係員に聞いてほしいと言われました。

羽田から飛べなきゃ、羽田で一泊ですね。
翌朝できるだけ早い便で帰るとしても、ここまできて「メークイン」の皆勤賞危うし!!

羽田について飛行機から降りると係員さんから、「飛べます」と教えていただけました。
「でも、申し訳ありませんが一時間ほど遅れる予定です。」
いえいえ、今晩中に帰れれば御の字です。

元々、晩御飯用の時間も考えて乗り継ぎ時間を多めにとっていたため、
時間が大幅に余ってしまいました。
でも、ひとつ早い便にしていたら欠航だったので、これまた運がいいのかも?
(ひとつ遅い便は時間通りに飛んで、結局私達が乗った便より早く着いたのは内緒ですよ。)

結局、持っているクレジットカードで入れるラウンジへ。

548553ffc3cea548553ffc4c8a
宿題をしたり、タブレットで時間をつぶす双子。

5485540ee60725485540ee7012
テレビ番組を堪能する3ジャガ。

結局飛行機は更に遅れ、約2時間遅れで機中の人となり、家についたら日付が変わってました。

でも、たのしかったです。
伊勢・出雲、また行きたいです。

2014年は数えで私は後厄でした。
前厄から三年間、お正月に神社で厄払いをしていただいてましたが、
転職した以外は今のところ大病や大怪我などせずに過ごせました。
11月、12月は奇しくもその御蔭参りというか、総仕上げというか、
とにかくお参りを続けてできて、ありがたくお礼を出来た気がします。
もうあと2週間で新年ですが、大過なく過ごせればと思います。

もう一回くらい更新するかもしれませんが、とりあえず、皆さん良いお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。