スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクに行ってきました。その10

前回のつづき

マダムタッソーの蝋人形館を堪能した後は、BTSでアソーク駅まで戻り、ターミナル21へ行きました。
ここは、各階ごとに世界各国の都市をテーマにしたディスプレイをしているショッピングセンターです。

一番のお目当ては、日本をテーマにした階です。

DSCF2631
こんな感じのディスプレイで飾り付けられています。

DSCF2632
招き猫も。

DSCF2634
微妙に残念な日本語がなんとも魅力的です。

DSCF2635
なんとなく感じの良い言葉にしたかったんでしょうね。

DSCF2636
鎧兜なんかも飾られてます。

DSCF2638
どうしちゃったの?的なものもあり、爆笑です。
ここは行ってみるべきお店です。

DSCF2639
細かいところまで突っ込みどころ満載でしたが、
逆におしゃれを決め込んだ日本のお店も、海外の方々から見れば珍妙なものなんでしょうね。

DSCF2643
バンコクまで来て、太鼓の達人をやる双子。

似たような構図、どこかでみたなーと思って探したらありました。

DSC03489
2007年3月の写真でした。

ま、それはおいておいて。

DSCF2644
双子たちが叩く太鼓を興味深げに外人さんがみてました。
このあと、この方やってました。

ターミナル21はトイレがまた面白かったです。
各階のテーマに合わせてディスプレイしてあります。

ほんの一部ですが、

DSCF2630
日本の階のトイレより。

DSCF2646
ロンドンの階のトイレより。

DSCF2652
イスタンブールの階のトイレより。

DSCF2676
ローマの階のトイレより。

ローマの階は、洗面所も凝ってました。

DSCF2677
ライオンの口から、

DSCF2679
水が出ます。

トイレ巡りだけでも楽しめるショッピングセンターでした。

順不同になりましたが、他の階のディスプレイも幾つか。

DSCF2648
ロンドンの兵隊さん。

DSCF2649
二階建てバスもありますよ。

DSCF2666
カリフォルニアの市電です。

DSCF2667
でっかいオスカー像も。

DSCF2655
途中のエスカレーターからのぞくとこんな感じです。
お相撲さんがいますね。

DSCF2670
最上階はハリウッドでした。

日本の階以外でも日本のものは見かけましたよ。

DSCF2654
ガンダムさんです。

DSCF2657
吉野家さんです。

楽しいところでした。

ターミナル21も堪能しましたので、BTSでホテルへ戻りました。
BTSの比較的混みあった車中で親切に「きたあかり」に席を譲ってくれる御夫人がいました。
こちらバンコクでは、小さなお子さんやお年寄りがほんとに大切にされます。
アソーク駅からホテルのあるプロムポン駅までは一駅だけだったのでお礼だけ言わせていただきました。
プロムポン駅では妻が、子ども用のワンピースを購入してました。1着35バーツだったかな?
3着買うと1着ついて来る、なんてのに弱いんですよね。

ホテルまでの通り道で、バンコク滞在中に何度も通ったベンチャシリ公園の売店では、
「きたあかり」のたっての願いで人形を購入しました。

DSCF2686
こちらが、その人形です。
後ろに見切れているのが妻が買ったワンピースですね。

ホテルで少し休んだあと、テレビを見たりしてくつろいでいる子どもたちを部屋ヘ残し、
夫婦でカオマンガイ屋台のヘン・ヘンへ行きました。
屋台でカオマンガイを二人で食べて、子どもの分はテイクアウトです。

DSCF2687
スープも美味しいんです。

DSCF2688
うーん、また食べたい。

カオマンガイ6食で240バーツです。1バーツ3.2円として770円くらいですか。
ほんとに豪華なレストランなんかに行かないで屋台などで食べている分にはリーズナブルに暮らせる町です。

ちなみに、タイ料理を忘れられず、帰国後行ったタイ料理やさんで食べたカオマンガイは、
1食950円くらいでした。

DSCF2689
ホテルに帰ると、ネコがお出迎えしてくれました。

子どもたちが晩御飯を食べたあと、シャワーを浴びて身じたくをしたら、チェックアウトです。
20時半の集合予定なのに、20時過ぎにはもう、ガイドさんが来ていました。
チェックアウトの時に初日のホテルのレストランでの食事代が判明しました。
なんと約2500バーツ!!
バンコクのフードコートや屋台に親しんだあとでは、目が眩む程高く感じましたが、
日本のホテルで食事したと無理矢理思い込むことにしました。
ホテルからはハイエースで空港まで移動しました。
「きたあかり」は車に乗ったとたんに表情がなくなり、そのまま眠りにつきました。
空港でなぜだか慌ただしくチェックインしましたが、世話してくれたガイドさんはせわしない方でした。

DSCF2692
出国審査後の空港ロビーには大きな像が。
タイの天地創造の伝説を表しているそうです。

空港では残ったバーツでメモ帳やぬいぐるみを買いました。
途中息子が2回ずつ一瞬ですが、行方不明になるアクシデントが重なりましたが、
無事見つけることが出来ました。

DSCF2697
出国審査直後のロビーはあんなに豪華なのに、
実際の搭乗口付近はえらく寂れてました。

こうして、バンコクさよならです。

帰りの機中も「きたあかり」は爆睡でした。
飛び立つときの夜景がきれいだったのが印象的でしたが、何しろ機体が上昇中ですので、
写真は撮れませんでした。
ちなみに乗った飛行機の機長は操縦が上手でした。
飛び上がるときも着陸時も今まで乗った飛行機の中で一番衝撃が少なかったですね。

DSCF2709
おまけです。朝食のチャイルドミールです。

DSCF2710
こちらは、通常機内食の朝粥です。

楽しい旅行でした。
バンコクは必ず叉行きたいです。

おわり
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。