スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクに行ってきました。その7

前回のつづき

ワット・ポーからは少しバスに乗って移動して、
エメラルド寺院へ行きました。
バスを降りてから少し歩いて寺院に入りますが、この道からしてすごい人出でした。
後で妻がガイドさんに聞いたところ、それでも「まだいい方」だったそうですが。

DSCF2430
道中にトゥクトゥク(オート三輪タクシー)を見かけました。

DSCF2431
もう一台。

そういえば、このエメラルド寺院、ドレスコードが厳しいのです。
女性の肌の露出は厳禁のようです。
ツアー参加者のお姉さんが足を隠すようにガイドさんに言われて布を借りて巻いてました。

入場の際、「きたあかり」だけ、ガイドさんに手を惹かれて別の列に。
どうやら、外国人だけかかる拝観料について微妙な年齢のため、面倒を避けるために、
ガイドさんと一緒にタイ人の方のレーンを通ったみたいです。

ま、これも推測で、細かいガイドさんからの説明はなかったんですが。
いきなり「きたあかり」だけ別なところに連れていかれそうになったときは焦りましたよ。

DSCF2432
入口を通った後のところです。
こんな人出がずっと続いてました。

DSCF2433
世界一長い壁画の回廊です。
タイの王様の物語が描かれているそうです。

DSCF2434
ずーっと続いて描かれてました。

DSCF2435
これが王様だったっけな?

DSCF2436
悪魔の像発見。

DSCF2437
仏塔だったかな?

DSCF2440
どこもかしこもきらびやかでした。

DSCF2445
こっちが本堂ですね。

DSCF2446
「きたあかり」と本堂も。

DSCF2447
本堂の上の高いところまでキラキラしてますね。

DSCF2449
柱の細かいところまできれいです。

DSCF2450
見上げた天井も豪華。

DSCF2451
まさに「圧倒される」出来栄えです。

本堂の中は、土足厳禁、脱帽必須、私語厳禁、むやみに立ち歩かない、
そして、撮影禁止でした。
やたらといっぱい人がいるのに、本堂の中だけは静かで厳かな雰囲気でした。
そして、警備の方がたくさんいて、無礼者を注意して回ってました。
本堂を出てすぐのところで、もういいだろうと帽子をかぶったひげも、脱げと注意されました。

DSCF2456
そんな本堂の中のご本尊のエメラルド仏ですが、本堂の外からは撮影しても怒られませんでした。
翡翠で出来ていて、金色のお召し物は年3回衣替えをするとのことです。

DSCF2458
本堂の外でワイをするじゃがいもたち。
ちなみにこの後、帽子を脱げ、と注意されたはずです。
写真はOKなのにね。

DSCF2464
寺院の後に王宮を歩きながら見ていきました。

DSCF2465
とにかく人が多くて、ゆっくり見れませんでした。
じっくり時間をかけてみたいところですが、普通に歩くのも大変なくらいの人ごみに酔ってしまいそうです。

DSCF2468
でも、ガイドさん、要所要所で写真撮影はしてくれるんですよね。
ありがたい話です。

DSCF2469
王宮を守る兵隊さん。
さすがに微動だにしません。

DSCF2471
しかし、本当に王宮は大きゅうございますな。

DSCF2472
2体の象の像の間に立つ兵隊さん。

DSCF2474
そういえばさすがにタイ随一の観光スポットのせいか、今までで一番たくさん欧米の方を見かけました。

王宮を見た後は、ツアーとしてはおみやげ屋に案内されて終わりとのことでしたが、
なんとひげ一家には縁も興味もない宝石店へ。
暑い中を歩いた後だったので、店の入口で渡された氷入りのジュースを思わず一気飲みしてしまいました。
下すかも、と心配しましたが、結果的には大丈夫でした。
お店の紹介映画をみたあと30分くらい店内を見たら、店の人に行き先を伝えたら車で送ってくれるという話でした。
そして、映画の途中でトイレに行きたくなる「きたあかり」。
そーっと出してもらい、トイレに行って帰ってきたら映画殆ど終わってました。
「きたあかり」、グッジョブ。

店内のきらびやかな宝石を「わーきれいねー(棒読み)」なんて見たり、
魚が泳ぐ水槽が飾られたりしていた豪華なディスプレイを眺めた後、
事前にガイドさんに書いてもらっていた行きたい場所の紙を店員さんに見せると、
車まで案内してくれました。
こういうところはなんだかんだ買うまで粘られるかと思いましたが、案外すんなりと帰してくれましたね。

お昼はアマリンプラザのフードコートのザ・クックで食べました。
この、アマリンプラザ、バンコクのショッピングセンターとしてはやや寂れたような、ローカルっぽい印象を受けました。
なんて言うんでしょうか、他の流行っている店が大丸やエスタな感じだとすると、
アマリンプラザは新さっぽろのサンピアザな感じでしょうか?
いや、イメージで言ってますので、サンピアザ付がファンな方には申し訳ない。
フードコートも前日のサイアム・パラゴンとは打って変わって観光客は少なく地元の人ばっかりな感じでした。
フードコートの店員さんは少し無愛想でしたが、味は美味しかったです。

まだ少し早い時間だったのか、準備している店員さんに「きたあかり」が食べたいメニューを頼もうと声をかけると、
難しい顔で「ノー」と首を振られました。他の店を見てから後でもう一度行ったらやっていて、すんなり頼めましたが。
こんなところも、バンコクのローカルっぽくてツボでした。
なんか楽しいぞ、ザ・クック。
そして、お安い。5人でそれぞれ食べたいものを頼んで、それなりに食べて470バーツ程でした。
そうそう、「メークイン」と「きたあかり」、スムージーを飲んでたような。
あれ、思いっきり氷入ってなかったか?

腹ごしらえが済んでから、「男爵」と「メークイン」の希望で日本語の本を扱っている本屋が入っているショッピングセンターに行きました。

途中で、前日に購入したBTSスカイトレイン用のラビットカードのチャージをするため、私だけ別行動に。
チャージは難なく出来ましたが、待ち合わせをざっくりと「ショッピングセンターに入ったところ」としていて、
思いの外ショッピングセンター自体が巨大だったため、軽く家族とはぐれてしまいました。
携帯電話で連絡がとれてすぐ会えましたが、3月に携帯電話をタイでもそのまま使える機種にしておいてよかったです。

DSCF2476
えーっと、これはアマリンプラザで撮ったんだったかな?

DSCF2477
伊勢丹にはなんと「山頭火」が。

DSCF2478
伊勢丹の紀伊国屋のラインナップ。
この他、アジアについてのラインナップも豊富でした。

DSCF2479
こうしていると、ここはどこでしょう?状態ですね。
輸入して販売しているので当たり前ですが、本は日本語のものは日本で買うよりずっと高かったです。

普通に本屋を堪能しました。

DSCF2480
帰りがけに岡山フェアをやってました。

DSCF2481
こんな遠い異国まで来て、ふるさとの事物に会うとは不思議な感慨がありました。

DSCF2482
バンコクでもアニメは人気なようです。
もちろん、中学生男子は食いつきましたとも。

DSCF2483
うーん、壮観だ。

DSCF2484
スポーツ用品店みたいなお店にて。
なんか日本語訳が変。

DSCF2485
そしてなぜかくたびれた日本国旗が飾られてました。
これ、リスペクトなんでしょうか?

広い店内(実は3つくらいのショッピングセンターがくっついていたようです。)を歩きまわって喉が渇いたので、
なにか飲もうか、と。

DSCF2487
入ったのはスタバ。
飲み物の値段が5人で505バーツ。
「昼飯より高いやん!」ってみんなで突っ込みました。

スタバの店員さんは、ここまでのバンコクであったどんなお店の店員さんよりもフレンドリーでした。
うーん、フランチャイズ恐るべし。

DSCF2486
昼ごはんと比べるとお高く感じましたが、もちろん美味しくいただきました。
もちろん、氷入りですとも。アイスカフェラテ最高!!

このあと、BTSスカイトレインに乗ってホテルまで帰りました。

ホテルに帰ってからコンビニでシンハービ-ルを買おうとしたら、お酒が入っている冷蔵庫のドアが紐で縛って開かなくなってました。14時から17時はアルコール販売は法律で禁じられているんだそうです。

しばらくホテルでくつろいで、ホテルの近所の(といっても10分くらいは歩きますが)食堂「イムちゃん」へ。

DSCF2489
猫がお見送りしてくれました。

DSCF2493
ほぼ露天なので、食道ですが屋台風味満点です。
暑い中で飲むシンハービール最高でした。

DSCF2492
店のすぐ横を車が通っていきます。

DSCF2496
この車は、シーローといって軽トラックの荷台に人が乗れるように改造した車ですね。

DSCF2490
ソムタム(青パパイヤのスパイシーサラダ)です。これ、私のお気に入りのメニューです。
この日のお昼にフードコートで食べてからやみつきになりました。
チャンスが有れば毎食のように昼夕と頼んでました。

DSCF2494
豚肉入りチャーハンです。これも美味しかったです。

DSCF2495
空芯菜炒めです。これもお気に入りのメニューになりました。

他にも何品か頼みましたが、どれも美味しかったです。
ただ、油断をして普通に頼むと火が出るように辛かったです。
ほぼ全部の品に「コーマイペッ(辛くしないで)」「マイサイパクチー(パクチーを入れないで)」と
言ってました。
イムちゃんの店員さんも、ここまでのバンコク基準通りやや愛想なしでした。
でも、味への注文はちゃんとこなしてくれます。
お昼のフードコートの店員さんもそうでした。
愛想がないのではなく真面目な顔をしているんだと思いました。
一生懸命こちらの言ってることを聞こうとしているから真顔になって、
返事や態度がぶっきらぼうなのは「ガイジン」にうまい事言えないからなんじゃないかと。
ちなみにお腹いっぱいになるほど食べて、お食事代はビール一本も込みで5人で505バーツでした。
もう、日本で焼肉屋や回転寿司屋にいけない・・・。

すっかり満足しました。

帰りにファミリーマートに寄り道してアイスを買って道端で食べました。
これまた、暑い中で食べたので美味しかったです。

DSCF2497
そのあと、屋台でとうもろこしを買いました。
屋台のおじさんは英語も得意じゃないらしく、終始困ったような顔をしてました。
ほとんどボディーランゲージのみでとうもろこしを購入し、お題は手のひらにのせた硬貨から取ってもらいました。

調子に乗って別の屋台で焼き鳥を買いましたが、この焼き鳥は外れでした。

DSCF2502
ホテルまでの帰り道の公園にあった健康器具です。

DSCF2506
「きたあかり」はツイスターに乗ってみました。

DSCF2513
ホテルの入口にある祠は綺麗に飾られてました。

この後はホテルの部屋でだらだらと過ごしたのですが、
せっかく買って帰ったとうもろこしを「きたあかり」が床に落としてしまい、
食べられず大泣きでした。
「本当は暴力を振るいたいくらい起こっているけど、学校の先生が暴力を振るったらダメって言うから我慢してるんだからね!」
と怖いこと言って脅されました。(笑)

そうそう、この日は最後までスコールなく過ごせました。

3日目以降は特に予定を決めてないんですよね。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。