スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北に行ってきました。その5

世の中、楽しいことや嬉しいことばかりでなく、
当然つらいことや悲しいこともあるんですよね。

そんな出来事があった時にも、
「あぁ、自分は今、苦しんでいるなぁ。」
「あぁ、自分はとても悲しんでいるんだなぁ。」
と、
客観視して受け止められるようになりたいなぁ、と、
最近思っているわけです、はい。

では、一部のファンから「つづきを早く」とせっつかれましたので、
前回のつづきを。

台北旅行3日目、すなわち2016年1月1日の朝もゆっくり目に起床しました。
この日は最初の目的地が飲食店なもので、朝食は軽めにすまそう、などど思ってましたが、
結局しっかりといただいてしまいました。
ホテルビュッフェ、恐るべし・・・。

午前11時開店のお店に行くのに、午前10時を回ったくらいに出発です。
徒歩で向かいます。

DSCF9316
この日も当然そびえ立つ台北101。本日の目的地でもあります。

行ったお店は、

DSCF9321
こちら。
「鼎泰豊」はよく知られた名店ですね。

先程も書いたように午前11時開店と思っていたので、
10時30分過ぎに着いて開店まで待ってようという魂胆でしたが、
なんと、お店まで行ったら既に開店していて全く待たずに中へ通されました。

DSCF9318
店内の一角では、店員さんがせっせと点心を作ってました。

DSCF9319
前菜のきゅうりなどをつまみながら、小籠包その他の点心を待ちます。

DSCF9323
ほとんど待たずに、小籠包登場。
曇って見えるのは、湯気のせいですね。

DSCF9324
箸で先っちょをつまんで、お尻につけダレをつけて、れんげへオン。

DSCF9325
皮を開くと、おつゆがたっぷり。熱々のおつゆをいただいた後、本体もいただきます。
旨し。

DSCF9326
あ~旨い、という感じの「メークイン」。

DSCF9327
旨いべ?って感じの「男爵」。

DSCF9329
中華ちまきにもチャレンジ。

DSCF9330
具だくさんですな。

DSCF9332
こちらは焼き餃子。

DSCF9333
これも汁気たっぷり。

DSCF9337
この旅で私のお気に入りの青菜もいけてました。

568889dd2b678568889dd2b6b8
デザートを撮影する「きたあかり」。
これは、「きたあかり」的には今ひとつだったようです。

一時間くらいかけて美味しい点心を堪能しました。
お値段は、日本で中華料理を食べるくらい?の額でした。
物価が3分の1の国ですから、豪遊ですな。

DSCF9341
店を出たら長蛇の列でした。70分待ちですって。
早めに行って正解でした。

2日目に、初めての台北旅行だというのに故宮見物もそこそこにオタクショップ三昧だったひげ一家。
お分かりのように、台北旅行のマストなど全く意に介していないのです。
と、言うわけで、台北101に来ているのに当然のように展望台はスルーです。

101に入っているスーパーでお土産を購入しました。

DSCF9342
途中のフードコートにて。
「うどん」はこちらでは「烏龍麺」なんですね。
「饂飩」はワンタンを指すからですね。

DSCF9344
カウンターのみのすし屋を発見。

DSCF9343
ん?これは・・・。

DSCF9345
ほぼ往復するのみの回転寿司やないか!
すげー、反対のレーンのも取れそう。

スーパーで土産買い込み中の発見。
おばさま店員さんは、どこでもやっぱりバイタリティがある。
片言の日本語で、やれ「あそこのパイナップルケーキは冬瓜を混ぜたジャム。うちのは本物のパイナップルだけ。」とか、
やれ「あそこのは色々入っているから日持ちする、こっちのはうちの会社じゃないけど変なものが入ってない。」とか。
終いには「こっちのは一箱の値段は安いけど数が少ない。あっちのは高いけど数が多いから得。」とかまで・・・。
「自分で選ぶから」と振り切って見て回り、結局おばさまのところからもいくつか買うというオチでした。

そんなこんなでお土産も無事に買い終わり、一度ホテルに戻りました。

DSCF9346
途中で見つけた、ズラッと並ぶ自転車。

DSCF9347
レンタル自転車ですね。

DSCF9348
この機械で借りるようです。

DSCF9353
新千歳空港でも大行列のえびそば一幻。台北でも並んでました。

DSCF9355
メタリックなサイがビルのたもとに。

DSCF9359
なんだかよくわからないけど、カッコイイですねぇ。

DSCF9360
そんな風にふらふらと写真を撮ってたら、遅れてしましました。

DSCF9361
おーい、まってー。

ホテルに戻り、一休み後、またでかけましょう。

今度の目的地は、アイスモンスターです。
ホテルの近所のデパートに支店が入っていました。
結構並んでいましたが、待つことしばしでなんとか座れました。
ちなみに座る前に注文するシステムです。

DSCF9362
トレードマークの入ったナプキン立てです。
一番人気のマンゴーかき氷は残念ながら売り切れでした。
台北再訪の宿題がまた一つ・・・。

DSCF9363
ナプキンにもトレードマークのオッサンが。

DSCF9364
タピオカミルクティーかき氷です。
でかい!

DSCF9365
早速いただきましょう。
甘くて、冷たくて、旨し。

DSCF9368
こちらは、いちごのかき氷。

DSCF9366
そしてこれは、私がリクエストした黒ビールシャーベット。

DSCF9370
一個一個が大きいので、シェアして思い思いに食べるのが吉です。

なお、黒ビールはしっかり黒ビールの味がしたので、ほぼ私が食べることに。
中に砕いた「弾けるキャンディ」が混じっていて、ぱちぱちと弾けることで炭酸をイメージしているようです。

かき氷、堪能いたしました。

さ、次行ってみましょう!

つづく
スポンサーサイト

ご報告

2月19日早朝に、「ブヒオ」が旅立ちました。
妻の胸に抱かれて、安らかな顔をしていました。

寂しいけど、少しだけ待っていて下さい。

私たちはもう少しこっちで土産話を増やしてから行きますね。

また会えることを楽しみにしています。

台北に行ってきました。その4

昨日、今日とやけに暖かい札幌です。
天気予報では、今日の最高気温は8℃だとか。
4月上旬並みだそうです。

さて、前回のつづきです。

そしてやっと故宮博物院へ。
士林からタクシーで向かいました。
中は撮影禁止のため、写真はほとんどありません。

タクシーが横付けしてくれたのは団体客用の入り口で、本来の入場口より一階分下でした。
当初、どこが入場口か分からず、少しウロウロしました。
そのうちにチケット購入もでき、中へ、とおもいきや、バッグを持っては入れないとのことで、
ロッカーにバッグ類を預けて、改めて中に入りました。
蒋介石率いる国民党が台湾に来るときに持ってきた紫禁城のめぼしい宝物が展示されているのが故宮ですから、
持ち運びしやすくて高価なものばかりな訳です。
そう、丁度バッグで持ち運べるくらいに・・・。
と、言うことなんでしょうね。

故宮博物院は元旦に無料開放されるそうで、この日は前日の大晦日。
そのせいか、思ったほどは混んでいませんでした。
また、新しく台南の方に分院ができたとかで、目玉の「翠玉白菜」はその分院にお出かけ中でした。
道理でそれなりの混み具合の訳ですね。
もう一つの目玉の「肉形石」はありました。

ネットからの拾い物ですが、御覧ください。

Jade_cabbage_closeup
翠玉白菜です。

Dscn4623_m
肉形石です。

激混みではない、といってもそこそこの人出はありましたし、見るものも多数で、
思い思いにウロウロしているうちに、気をつけていたつもりでも家族がふた手にはぐれてしまいました。
こんな時のために国際ローミングができるように設定して持参したいつもの携帯電話は何と博物院の中では圏外に!
でも、そんなに時間がかからずに合流出来てホッとしました。

DSCF9242
見終わって出てきてからの記念撮影です。

展示室の三分の一も見なかった気はしますが、十分お腹いっぱいになりました。
この日の目的は果たしたので、さあ、これからどうしようか?と家族会議を。
結果、妻がガイドブックから見つけ出したオタクビルに行ってみることになりました。
もちろん、妻の提案に息子たちが食いついたからですね。
ホテル発、オタクショップからの、故宮博物院経由、オタクビル行きとは。
これまたある意味贅沢な旅です。

故宮からの帰りは歩いて麓まで下って、本来?正門をでたところでタクシーに乗りました。

DSCF9249
この写真の上の方の建物がさっきの記念撮影で写っていた建物です。
結構下っているのがわかるでしょうか?

この帰りのタクシーが台北旅行で乗った中で一番ひどくて、乗ってて怖いくらいにスピードは出すわ、
MRT士林へと言ったのに隣のMRT芝山へ連れて行かれるわでした。
そのせいかどうか、10NTD(約40円)行きより余分にかかりました(笑)。

5688877eadb715688877eadbae
そんな中撮影した、台湾のファミリーマート。
「全家」って言うんですね。


芝山からMRTで西門へ移動してオタクビルへ向かいます。

DSCF9253
西門は若者の街だそうで、どことなく東京の例の街を感じさせますね。

DSCF9254
派手なビルですね。でも、ここは目的地ではありません。

DSCF9255
メイド喫茶の看板を発見。

DSCF9258
「江戸侍拉麺」ですって。

DSCF9259
目的地のオタクビルは、正式名称を「萬年商業大樓」と言います。

DSCF9260
4階がオタク感満載でした。

DSCF9261
違和感なく店に吸い込まれていく双子たち。

5688865b281e45688865b28223
そして兄貴達がいれば物怖じしない娘。

568886cfdda5b568886cfdda9b
ぐるっと物色していきます。
ま、途中で飽きて妻と娘は地下の食堂街に降りて行きましたが。

DSCF9262
ズラッと並ぶ玩具達・・・、ん?

DSCF9263
人型ボール、だと?!

56888690d347856888690d34b6
こんなのもありました。

56888763ae3e856888763ae426
堪能できたようで、何よりです。

このオタクビルは4階から下の階に下がるほど、店の雰囲気も外界に近づいてて面白かったです。

DSCF9264
と言っても、こういうTシャツとか売ってるんですけどね。

DSCF9265
うーん、すごいセンスだ。

DSCF9266
このバッグは、思い切って買っても良かったかもと後から本気で後悔しました。
インパクト大ですもんね。ま、出オチってやつですが。

DSCF9267
そして、妻たちの待つ食堂街へ。

DSCF9268
ん?ヒゲちゃんとな?

DSCF9269
こちらでは「小鬍子」と書くようです。
何やら親近感の湧くイラストですね。ま、スルーでしたが。

DSCF9270
結局、「きたあかり」や妻と合流の後は、ホテル付近のMRT駅まで戻り、
夕食は誠品書店のフードコートで摂ることにしました。

DSCF9272
私がいただいたのは、水餃子と、

DSCF9273
青菜でした。

DSCF9271
各々が各々の好きなものを食しました。

ホテルに戻ってから近くの新光三越のデパ地下に行ってドリンク類を買い込みました。

DSCF9280
外では、どんちゃん騒ぎが始まっていました。
ようかい体操第一なども聞こえてきて変な感じです。
カウントダウンまで夜通しお祭りなんでしょうね。

568886ecba079568886ecba0b8
そんな中、私たちはホテルの部屋で衛星中継の紅白歌合戦を鑑賞。

いつも「ガキ使」の笑ってはいけないシリーズで年を越していたため、久しぶりのリアルタイム紅白でした。
懐メロ的要素で妻と盛り上がりました。小林幸子さんのラスボス四変化もすごかったねすよね。

568886f93aabf568886f93aafe
2015年は紅組の優勝でした。

568887000e8df568887000e91d
いやー堪能しました。

その後はそのままNHKのゆく年くる年をみて、日本時間での年越しをしました。
みんなで年始の挨拶を交わしてから、外へ出かけます。
今度は台湾時間での年越しです。

5688879d9cb585688879d9cb95
台北101のカウントダウン花火を見ようと外は人でいっぱいです。

101がよく見える場所まで進もうとしましたが、途中から人出が半端無なってきて、近づくことは断念しました。
ホテルから近い場所で比較的101がよく見える場所で座って待つことに。

DSCF9284
ま、こんな感じで。

20分ほど待ちますと、

DSCF9297
DSCF9298
568888cce87ce568888cce880e
101の電気が消え、カウントダウンの数字が点灯しだしました。
周囲もそれに合わせてカウントダウンを開始します。

そして「0」と同時に「Happy New Year!!」

DSCF9301
そして始まる花火。101が花火に包まれました。

5688889a6d5995688889a6d5d7
DSCF9303
DSCF9305
DSCF9307
5688873e44e7c5688873e44eb9
5688876fcd8e95688876fcd927
568887727243f568887727247d
5688897c89ed95688897c89f17

もう、きっと後何度もないであろう家族だけでみんな揃っての旅行。
この年越しを家族みんなで体験できたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

つづく

台北に行ってきました。その3

札幌は雪まつり期間中です。
外国からの観光の方がどんどん増えているそうです。

さて、前回のつづきです。

台北2日目の朝は8時過ぎに起床しました。

DSCF9154
こちらは、「きたあかり」が持参し枕元に置いたぬいぐるみ。
留守番中の「ブヒオ」と「スノーク」の代わりだそうです。

9時過ぎに朝食を摂りにレストランへ。
ビュッフェはどうしても食べ過ぎてしまいますね。

DSCF9156
食べたもののごく一部です。

DSCF9157
堪能しました。魯肉飯(ルーローファン)、旨し。

DSCF9166
こちらは、ピンぼけですが麺類です。

DSCF9162
「男爵」が食します。

DSCF9164
まずはスープからですか。

DSCF9160
どうぞ、こちらのことはお気になさらずに。
おいしいですか?

DSCF9167
「メークイン」も食してます。

どうも光量不足でかピンぼけが多いですね。
すみません。

10時過ぎに朝食を終えて一度部屋に戻り、結局11時過ぎに始動です。
まずは台北101の下の地下鉄駅から故宮博物院を目指します。

DSCF9175
部屋に戻る前に1階のエレベータホール前のオブジェのようなソファに腰掛ける「きたあかり」.

DSCF9182
通りすがったデパート前で記念撮影。

DSCF9183
街なかは年越し気分満載ですね。

DSCF9186
徒歩10分位で台北101到着です。

DSCF9191
101のお膝元になにやらオブジェが。

DSCF9190
よく見ると、石の大玉が水の力でくるくると回っています。

DSCF9189
それにしても高いビルですね。

DSCF9194
もう一丁。

DSCF9196
また別のオブジェ発見。

DSCF9197
説明書きを読む3ジャガ。英語と漢字ですよね。

台北の地下鉄はMRTといいます。

まずはMRT101駅でプリペイドの乗車券カード(悠游カード)購入しました。
悠游カードにチャージして使用すると、2割引きでMRTに乗れるそうでお得なのです。
買い方がわからずしばしウロウロしてしまいましたが、最後は買えました。
MRT101駅より士林駅へ向かいました。

DSCF9205
地下鉄の車内も綺麗です。

DSCF9208
タブレットで暇をつぶす2ジャガ。

DSCF9209
こちらは3DSですか。
なんという日常だ。本当に台北に来ているのか?
札幌で地下鉄に乗っているんじゃないか?

DSCF9210
途中、車窓から日立の看板が。
うん、日本、頑張ってる。

30分くらいでMRT士林駅へ到着しました。
ちなみに駅は「駅」という字ではなく、「站」という字が使われていました。

DSCF9211
士林「站」の改札を出たところにあったアートです。

いざ、故宮博物院へ、と思いきや、「きたあかり」から腹が減ったアピールが。
おいおい、朝ご飯食べて2時間位ですよ?
とりあえず、周囲に食べ物屋がないか探索していると、その隙に双子はオタクショップを見つけて物色開始。
そして妻も、付近の雑貨屋をのぞき始めました。
ひげ一家の珍道中は全くもって混沌としてまいりました。

DSCF9213
息子たちが吸い込まれていった店です。
「動漫」はアニメのことで、「精品」は選りすぐりの品のことだそうです。

DSCF9214
入り口にズラッと並ぶガシャポン。
中身は日本にあるのと同じもののようです。

DSCF9216
所狭しと並ぶフィギュア。

DSCF9217
店員さんに“マイ サンズ アー ジャパニーズオタク"と伝えたら笑ってくれました。

DSCF9219
2階はコミックとラノベコーナーのようです。

DSCF9220
私も何冊か読んだことのある「神様の御用人」シリーズは「諸神的差使」ですか。
八百万の神ですから、「諸神」なんですね。

DSCF9230
モアイ発見。

DSCF9231
懐かしい漫画もありますね。

DSCF9221
3階はグッズコーナーですね。

DSCF9222
嬉しそうな「男爵」。

DSCF9224
じっくり見て回る3ジャガ。

DSCF9225
日本で作られたアニメのグッズを台北で見て楽しいのか?という根本的な疑問をぶつけたところ、
「日本で売れ残ったものを業者が仕入れてるみたいだから、逆にもう日本では売ってない物が手に入る。」と。
それ、ガチですがな。

DSCF9233
DSCF9234
店内に飾られた色紙に息子たちがひどく反応してました。
どうやらその道では有名な人たちらしいです。

30分ほどオタクショップに引きこまれた後、「きたあかり」への補給を再開しました。

DSCF9240
至近にあったこのお店で小籠包を調達。

DSCF9235
買ってきました。

DSCF9238
ベンチに腰掛けて頬張りました。
美味しかったです。

DSCF9237
もちろん他のみんなも食しましたとも。

DSCF9236
あっという間になくなりました。
その辺の店の小籠包でもこの実力。やはり台湾侮りがたし。

しかし、故宮へ行かず、士林で夜市に行くわけでもなく、オタクショップと小籠包(テイクアウト)。
ある意味贅沢な旅です。

そして、オタクショップのついでに故宮行っとく?みたいなノリで、博物院へやっと向かいました。

つづく
プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。