スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄に行ってきました。最後。

前回のつづき

あと何枚かだけ、最終日の写真が残っているので、さっさと記事にしてしまいますね。

最終日は、まあ、帰るだけです。

台風は逸れたといっても、私のように早めに帰る日をずらしたり、来る日をずらしたりした人たちがいたら、
それなり空港も混み合うだろう、と予想して早めに空港に行きましたが、すごく空いてました(笑)。

DSCF6400
暇つぶしに、息子たちの希望でタクシーで少し走ってリサイクルショップへ。
もう、沖縄関係なし。

結構長くこのショップにいました・・・。

DSCF6401
空港に戻り、沖縄そばを。
とうとう沖縄滞在中の一日一そばを達成です。

DSCF6402
ついでに沖縄ぜんざいも。
一日一かき氷は、残念ながらあとから思い返すと食べてない日が一日だけありましたので、次回のお楽しみに。

楽しい旅行でした。

帰ってきたら、町内の納涼盆踊りをやっていました。

DSCF6411
で、浴衣を着た「きたあかり」と行ってきました。

DSCF6408
ジャガイモたちは、小学校時代の友達と会えて楽しかったようです。

沖縄、いいところでした。
また行きたいですね。

おわり。
スポンサーサイト

沖縄に行ってきました。その8

前回のつづき

連休はいいお天気でした。
が、「きたあかり」のピアノの発表会が近いのと、
ジャガイモブラザーズの定期試験前ということで、
お出かけは自重しました。
まあ、その分のんびりと家で過ごせたので、これもまたよし、です。
さて、今回は沖縄旅行記の第5日目です。

朝起きて、ビュッフェの朝食をいただきました。この日と翌日で同じ朝食会場でしたが、2回とも少し奥の小部屋のようなところへ案内されました。
大きめのテーブルが並んだ部屋で、比較的多めの人数のグループが通されていました。
部屋に戻って天気予報を確認すると、晴れから薄曇りとのこと。2日前の天気予報ではこの日は暴風雨だったので、延泊したのですがね。
お陰で観光の時間をゆっくり取れました。
少し、ホテルでのんびりして、1 1時頃首里城へ向かいました。ホテルの裏からタクシーに乗って1000円位でした。

DSCF6197
実は、首里城の手前でタクシーを降りて、こちらに寄り道しました。
「玉陵(たまうどぅん)」と読みます。代々の琉球王の墓とのことです。

タクシーの運転手さんが、ここが世界遺産と教えてくれて下車しました。

DSCF6220
訪れる人も少なくて静かでした。緑のトンネルがいい雰囲気を醸してますね。

DSCF6204
立派なガジュマルの木が生えていました。

DSCF6208
この塀の向こうが目指す玉陵です。

DSCF6211
早速入らせていただきましょう。

DSCF6213
手前が広場になっており、奥に石造りの建造物がありました。

DSCF6214
DSCF6215
静かな、しかし趣きのある佇まいでした。

DSCF6216
シーサー?でいいのでしょうか?

DSCF6217
上の方にも。

ほんとに他に観光客の方はおらず、ほぼ貸し切り状態でした。

玉陵からは歩いて1分くらいで守礼門です。

DSCF6222
守礼門です。

その後いくつかの門をくぐり、正殿へ向かいます。

DSCF6225
途中の石門。

DSCF6228
とりあえず撮影しておきますか。

DSCF6230
見取り図です。
右下から、いくつかの門を経てまっすぐ上り、上部中央の正殿まで行きます。

DSCF6232
歓会門です。

DSCF6236
色鮮やかな看板ですね。

DSCF6234
門を守るシーサー。

DSCF6238
歓会門をくぐったところです。

DSCF6240
歓会門と次の瑞泉門の間に龍樋という泉があります。

DSCF6246
とりあえず撮影しておきましょう。

DSCF6243
瑞泉門をくぐって、

DSCF6251
漏刻門へ。

DSCF6254
この辺りからの眺めはとてもいいです。

DSCF6261
その後、広福門を通って、

DSCF6267
奉神門へ。これをくぐれば正殿です。

DSCF6273
正殿の前は広場になっていました。琉球王が家臣と謁見する場のようです。

5400905bbb0aa5400905bbc04a
正殿は阿吽ー対の龍やシーサーがふんだんに使われていました。龍の像や彫刻、絵だけでも30以上あるらしいです。

CameraZOOM-20140808120918261
迫力あります。

中は土足厳禁です。見て回れますが、一部撮影禁止区域もあります。
「撮影はご遠慮ください」と絵入りで書かれているのですが、
日本語が読めない方たちなのかスマホでバシバシ写真をとってらっしゃる方もいました。

DSCF6292
当時の扮装をしたかかりの方がところどころに立っているので、
タイムスリップしたように思える瞬間もありました。

DSCF6299
「きたあかり」座敷で瞑想中。

DSCF6312
奥に進むと玉座が。

DSCF6310
これは、先ほどの玉座の正面にありました。
前の扉が開くと、正殿正面の広場が広がっていて、ここから琉球王は謁見していたようです。

DSCF6335
これは、北殿(ほくでん)にあった正殿の模型ですが、今感じに家臣団が広場に整列します。

DSCF6337
で、奥の正殿の戸が開いて、琉球王が座っている、と。

北殿(ほくでん)ときいて電力会社を思い浮かべるのは北海道在住者くらいですね。

北殿のトイレは変わっていまして、

DSCF6339
蛇口がシーサー。

DSCF6343
今どき?な立看もありました。

北殿を出れば見学終了なんですが、ここで突然の大雨が。
風も強くなり、いよいよ台風の影響か?と思いましたが、1時間もすると止んだのでどうやらスコールだった様です。
北殿で30分位待ってる時は止みそうになく見えたので、傘を三本買って、小降りになったタイミングを見計らって首里城を出てタクシーでホテルへ帰りました。

ホテルの裏口で降りた時に妻が大東そばという沖縄そば屋さんを発見し「一日一そば」とかいいながら入りました。

DSCF6355
中に入ると、結構な量の色紙が。
あとで知ったのですが、実はガイドブックにものっている有名店でした。

DSCF6358
今回の沖縄旅行で二番目に美味しいおそばでした。

DSCF6359
こちらは大東寿司。サワラの漬けの握り寿司です。美味でした。

DSCF6360
もちろん、沖縄ぜんざいも食べましたよ。
店を出る頃には、先程述べたようにスコールは上がり、晴れていました。

ホテルに戻りしばらく休憩して、夕刻に国際通りに買い物に出かけました。

DSCF6363
まず、市場本通りのフルーツショップヘ。
トロピカルフルーツ盛り合わせをいただきました。

DSCF6362
お姉さんが店頭で切り分けてくれます。

DSCF6361
手際よし。

540094ed1472c540094ed156cc
てんこ盛りでした。

DSCF6364
その後、「きたあかり」、かんざし購入。
神妙な顔でつけてもらってます。

DSCF6365
なかなかいい感じですね。

この後は、大きなおみやげ屋のおきなわ屋に行き、おみやげを購入しました。

おきなわ屋をでたあと、妻が琉球珈琲店という、ぶくぶく茶を出す店を見つけました。
本当は首里城の近くでぶくぶく茶を試したかったらしいのですが、スコールのため断念していたのです。
ならばと、皆で入店しました。

DSCF6370
見事に泡立ってます。
本来のぶくぶく茶のレシピではなくこの店のオリジナルアレンジとのことでしたが、雰囲気は味わえました。

DSCF6374
店の伝言ノートを3人揃って読み耽ってました。

店を出て、「メークイン」が欲しがっていたガラス細工を探すため、めぼしい店へ移動しました。
残念ながら希望したものは見つかりませんでしたが、行く途中にJump Stationを見つけて、帰りに立ち寄りました。

DSCF6375
閉店時間直前でしたが、快く入れてくれました。
なんか色々います。

DSCF6377
せっかくなので記念写真を。

でも息子たちも特に何も買うものはないとのこと。
申し訳ありませんが、すごすごと退散しました。

DSCF6380
変なバスが走ってました。

DSCF6393
夕食はルートビアおかわり自由の A&Wに行きました。

DSCF6394
おきなわだけにしかないそうです。

DSCF6386
ハンバーガーとルートビアをいただきました。
ルートビアは独特の風味があるソフトドリンクで、結局私以外の家族には不評でした。
ワガママ言ってごめんね。

DSCF6389
ハンバーガーは、

DSCF6390
普通に食えたので、

DSCF6391
ゆるす。

ありがとうございます。

そして、ホテルに戻り就寝です。
台風の影響を考えて一泊延ばした割に晴れてしまい、なんで延ばしたのか不明になってしまいましたが、
おかげでゆっくり首里城を見学でき、国際通りも見て周れたので、結果的には良かったと思います。

つづく

沖縄に行ってきました。その7

前回のつづき

もうすっかり北海道は秋です。
大雪山系では既に冠雪とか。すぐに冬になりますね。
札幌はこのところ天候不順です。
先日、夜中にものすごい大雨が降ったようで、午前3時台から携帯電話の緊急災害速報だかがひっきりなしに鳴ってました。
マナーモードも無効で2時間以上ひっきりなしに鳴り響き、お陰でかなりの寝不足の朝を迎えましたよ。

さて、沖縄旅行記4日目です。
これくらいになると、いい意味での旅先での緊張感も薄れてくるのか、起床時間が段々遅くなってきました。
最初は、かなり早起きでしたが、とうとう朝ごはん開始時間直前くらいの起床に。
外は雨こそ降っていませんが、曇り空で風が強くなってきていました。
ビーチの波も部屋から見ても荒くなってきているのがわかり、ビーチに出ている人もほとんどいませんでした。
うーん、台風、近づいてきているようです。

この日は、3泊したAJ幸喜リゾートホテルを発って、那覇に向かいます。
アイス大会の後の残りのアイスを食べたり、荷物をスーツケースに押し込んだり、すぐに空気が抜けてしまうようになった持参の浮袋と別れを告げたりしてから、
午前11時にチェックアウトしました。
那覇までのドライブですが、まずはおんなの駅を目指します。
が、途中で「沖縄宇宙通信所」なる看板を見つけ、寄り道することに。
最初はいい感じでそれっぽい方向に道を進んでいましたが、だんだんナビに見えるそれらしい場所から離れていく気配。
仕方ないので、方向だけを頼りに大きめの道を外れ小道に入り、やや迷いながらもたどりつきました。

DSCF6166
JAXAですよ!

予約なしに無料で見学できるとのことで、見学者名簿を記載して入館させていただきました。

こちらの施設では、種子島から宇宙に飛び立ったロケットに積まれた人工衛星が切り離されてから所定の軌道に乗るまでの間の通信制御を司っているとのことでした。

DSCF6136
宇宙から見た沖縄本島の写真。
同じもののポスターが配布されてました。

DSCF6137
そしてジオラマ。

DSCF6138
H-II型ロケット。

DSCF6141
息子たちにとっても興味深かったらしく、熱心に見入ってました。

DSCF6152
こちらの展示室には人工衛星の模型などが。

DSCF6154
ハイ、チーズ。

DSCF6155
部屋の入口には、こんな和み系のイラストも。

DSCF6165
宇宙飛行士になるのは、やはりなかなか大変なようです。

DSCF6135
そして、あちこちに安全標語が貼られてました。

DSCF6156
こんなのや。

DSCF6159
こんなのも。
よく考えると大したことは言っていないようなのもありそうですが、宇宙通信所のものだと思うとなんだか深く感じられて不思議です。

DSCF6167
帰る前に記念撮影です。


宇宙通信所への寄り道を終え、おんなの駅へ向かいます。

あ、その前に。

DSCF6168
宇宙通信所のパラボラアンテナの巨大さに感動したので。

DSCF6170
グッと寄ってみました。

DSCF6173
そして始まる撮影大会。

DSCF6175
丸いのもレーダードームですよね。

DSCF6177
スクーターとの比較でアンテナの巨大さが実感していただけると思います。

あぁ、楽しかった。

今度こそ通信所を後にしてしばらく走るとおんなの駅につきました。
途中の海は相変わらずキレイでした。台風が接近中でしたが、雨はほとんど降らず、晴れ間さえありました。
風が強くて海の波が荒くみえるくらいしか台風の影響は感じられませんでした。
後で確認したら、この時の台風は、沖縄本島をかすめて北上していったのですが、
ちょうど私達が那覇へと南下するのと、すれ違いになったようです。午後には名護の方でまとまった雨が降っていたようでした。

おんなの駅では沖縄そばを再食しました。写真はありませんが。
ついでにタコスかまぼこもいただきました。こちらも写真はありませんが。

DSCF6178
これは、ムール貝のウニソース焼きです。美味ですが、ウニ?ッて感じでほとんどマヨネーズ焼きでした。

CameraZOOM-20140807125506777
こちらは天ぷら。下のもずくの天ぷらが美味でした。上は何でしたっけね?

DSCF6182
マンゴーがとても安いんですよね。

DSCF6184
色々買い込んで試してみました。ポーポーは食べきれず、持って帰りました。

DSCF6186
これは、豚の内臓と野菜を豚の血で炒り煮した、「チーイリチャー」。

DSCF6183
マンゴーはカットしたやつを買って食べました。
もちろん美味。

腹いっぱい沖縄の味?を満喫して、那覇へ向けて再出発です。

おんなの駅から那覇の間は、行きは高速道路を通りましたが、帰りは一般道を走りました。
嘉手納基地の横を通りましたが、大きな基地でした。この辺りで基地関係者が乗るYナンバー車も見ました。
ナンバープレートのひらがなのところが「Y」になってる車です。
あ、ちなみに基地内も左側通行のようでした。このへんはアメリカさんではないんですね。

那覇に入ってレンタカーを返す前に給油しました。レギュラーガソリンのお値段は156円/Lでした。
20.7L入って、今回の旅行で209km走ってたので、約10km/Lの燃費でしょうか。
乗ってたのはセレナのS-Hybridってやつでした。やっぱり、今乗ってる中古車よりは燃費いいですね。

那覇市内に入ってからは、やはり道は混んでいましたね。
AJ幸喜リゾートホテルを出るときは、かなり早く着くかとも思っていたのですが、途中の寄り道のおかげもあり、
結構約束の時間ギリギリでのレンタカー返却になりました。
レンタカー返却場所からこの日の宿泊先まではすぐ近くだとわかっていたので、荷物も重いのでタクシーでホテルへ向かいましたが、
初乗りの500円で着いてしまいました。ちょっと運転手さんに悪かったかもしれません。

チェックイン後はしばしマッタリ。
夕食は「メークイン」が希望した、あぐー島豚しゃぶしゃぶの店「我那覇豚肉店」へいきました。
行く道中、道の側溝のような所に魚がいるのを見かけました。こんな所に!?と驚きました。

DSCF6193
店構えです。

DSCF6192
トレードマーク。

DSCF6191
店先に豚の親子。
ごめんよ~、食っちまうよ~。

DSCF6188
しゃぶしゃぶ肉は、バラ肉と、

DSCF6187
ロース肉。

DSCF6189
こちらのお鍋でシャーブシャーブといただきました。
白いのは豆乳ベースでした。

5400909889690540090988a630
いっぺんに並ぶと結構場所を取りますな。

美味でした。


帰り道の寄り道は、

DSCF6194
ジュンク堂へ。
こんなとこまできて本屋に立ち寄るひげ一家でした。

行きの時点で、「男爵」がジュンク堂を見かけるなり、本当にフラフラッと引き寄せられていってました。
で、一階が文房具コーナーと見るや、道に復帰。
きた側と反対側の入口付近に書籍コーナーが見えるやまたフラフラッと。
心の動きがはっきりと見える面白い風景でした。
ちなみに、ジュンク堂に寄った息子たちの感想は、「札幌より品ぞろえが良い」でした。
札幌店の方、頑張ってください!本買うだけに沖縄に越させられたんじゃかないません!!

ジュンク堂の後は、国際通りでTシャツ見たり、ブルーシールアイスを食べたり、星砂を買ったりしました。

54009471c8c3054009471c9bd0
アイス、この旅行で何個目だろう。

ホテルのほぼすぐ横がファミリーマートで、ホテルに入る前に寄りましたが、

DSCF6195
DSCF6196
入り口に貼ってあったりゅうぎんのポスターがかっこよくて素敵でした。

つづく

沖縄に行ってきました。その6

前回のつづき

8月の終わりに研修で東京に行ってきたのですが、ちょうどデング熱騒ぎと重なりました。
代々木公園は行ってないですが、飯田橋で蚊に刺されましたよ。
北海道でも発症者がいるみたいですので、今後の成り行きに要注意ですね。

さて、ブセナ海中公園の海中展望台のお話からですね。

DSCF6078
急ならせん階段を降りていきます。
海面から5mくらい下まで降りるようです。

DSCF6080
ささ、皆さん、足元にお気をつけ下さい。

DSCF6092
下まで降りるとぐるりと周囲に丸窓があり、そこから海中をのぞける寸法です。
数えたら丸窓は24個ありました。
そういえば何かのガイドブックに定員は24名と書いてありました。一人一窓のようです。
事前の情報では、オンシーズンは結構混むとのことでしたが、意外に空いていました。
台風の影響でしょうか。

5400932e50b365400932e51ad6
みんなで窓に取り付いて覗きこむ形ですね。

DSCF6091
丸窓から魚が見えます。

5400961bc03a25400961bc1342
こちらの窓は窓の前にイソギンチャクが。と、いうことは。

DSCF6086
当然彼らがいます。

DSCF6085
窓のすぐ近くなので、アップが容易でした。

DSCF6084
どの窓を覗いても、結構な数のお魚が見られます。
空いていたおかげで、じっくりとお魚見物ができて良かったです。

DSCF6099-2
じゃ、帰りますか。

海中から戻ってきて、桟橋で魚の餌付けをしました。
自動販売機でエサを買うのですが、100円しか使えない機種です。
実は事前情報でこの事実を知っていましたので、シャトルバスを降りた所のバー(?)で両替えして貰っていました。
餌は、小粒の餌が最中に包まれている形でした。

DSCF6104-2
さ、エサを撒きますよ。

DSCF6102
台風接近による強風のため、思ったところにエサを投げられないのですが、びっくりするほど沢山の魚がえさをたベようと寄ってきます。

DSCF6103
ワラワラと集まるお魚たち。

シャトルバスの乗り場までは、行きも通った長い桟橋を渡りましたが、風が強くて帽子が飛ばされそうでした。

DSCF6106
「きたあかり」記者の台風実況中継です。

DSCF6108-2
「まためんそーれ」なんて言い回しは初めて見ました。

シャトルバスがくるまで結構時間があったので、歩いて戻ることにしました。

DSCF6109
その途中でカフェテラスの看板発見。

DSCF6110-2
行ってみましょう。

DSCF6111
戸建ての宿泊施設の入り口にもシーサーが。

丘のうえまで上がってみましたが、結局カフェには寄らずに車までもどることに。
建物が立派すぎて気遅れしたのと、雨模様になってきていて本格的に降り出す前に戻ったほうが良さそうだとの判断もありました。

DSCF6112
帰り道にて。立派な宿舎が並んでました。高級リゾートホテルですねぇ。

DSCF6113
ハイビスカス発見。

DSCF6114
カメラマン「きたあかり」先生の出番です。

DSCF6115
駐車場の手前には噴水が。
当然ふらふらと引き寄せられる小学生。

DSCF6118
ビショビショになる前に戻ってきてね。

車についた頃には雨は本降りに。どうやら勇気ある撤退は正しい判断だったようです。
車でガイドブックを見ながら次の行動を相談しました。氷ぜんざいを食べたいとのことで、名護のひがし食堂ヘ。

DSCF6121
佇まいは普通の食堂ですが、氷ぜんざいがおすすめのお店だそうです。

DSCF6120
大盛況で、しばし空席待ち。

DSCF6119
石塚さんも来てたようです。

DSCF6124
つい、沖縄そばも注文してしまいました。味はフツーでした。きしもと食堂が旨すぎました。

DSCF6125-2
そして、ぜんざい登場。これは「きたあかり」たちが頼んだ三色ミルク金時です。

DSCF6127-2
いただきます。

DSCF6126
ヤダコレ、おいしー!

DSCF6128
こちらは私達が頼んだミルクぜんざいです。非常に美味でした。


その後はホテルに戻り、くつろぎました。妻と「きたあかり」は海に散歩に出かけてました。
自由研究に使う貝殻やサンゴを集めるのも目的の一つだったようです。
日が暮れてから、戻って来た二人と一緒にみんなで歩いて前日に夕食を食べたどなんち食堂ヘ行きました。
前日頼まなかったメニューを中心にオーダーして、堪能しました。
そうそう、ホテルでくつろぎ過ぎて財布を持ってくるのを忘れて焦りました。妻が財布を持っていたので助かりました。

DSCF6132
今夜はヤモリだけでなく、コガネムシも登場。

DSCF6134-2
ホテルに戻りましょうか。

この夜は、強風のせいかブセナの花火はなかったようです。やっぱり確実に台風が近づいてきているんでしょうね。

つづく
プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。