スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京に行きました。その6

前回のつづき

札幌もとうとう雪景色ですね。

さて、子ども動物園ですね。


DSCF3800
その前に、ペンギンの募金箱の前で。

子ども動物園では、動物にふれあえたりします。

DSCF3803
が、このおうしさんは見るだけです。

DSCF3802
見島牛という牛だそうです。

DSCF3805
やぎさんにはふれあえます。

DSCF3809
堂々としてますね。

DSCF3810
はい、チーズ。

DSCF3812
こちらの方は、一心不乱に何かをベロベロ舐め続けてました。

DSCF3813
塩でした。

DSCF3824
うめぇ~、ってなもんでしょうかね。

DSCF3815
カモもいました。

DSCF3818
孵卵器ではまさにひよこが卵から出ている真っ最中でした。

DSCF3817
こんなかんじです。

DSCF3825
な~によ。

DSCF3821
豚さんもおりましたが、

DSCF3822
彼は美味しい方のようでした。

それにしても、ヤギさんがたくさん放されているところですから当たり前といえば当たり前ですが、
地面は糞だらけでした。まあ、お子さんたちは誰も気にしてませんでしたが。

子ども動物園で思う存分動物にふれあったあと、他の動物を見て回ります。
ここで、妻が「きたあかり」にカメラを持たせました。
「撮ってみたい」といったみたいです。
ミラーレスとはいえ、一眼レフを小学1年生に持たせるとは、
我が妻ながら、度胸がありますよね。

DSCF3826
新進カメラマン、「きたあかり」先生が写真を撮りますよ。

被写体はペンギンのようです。

DSCF3830
ペンギンが飛び方談義をしてるみたいでした。
「だから、こうやってバランスをとるんだって!」「ふーん。」みたいな。

DSCF3835
ハシビロコウもいました。
実物を初めてみたので、大興奮しました。
私が。

DSCF3837
いや~、風格あるなぁ。

DSCF3838
はいはい、「きたあかり」先生が次の被写体に向かいますよ。

DSCF3839
キリンさんをパシャリ。

DSCF3845
サイって風格ありますよねぇ。

DSCF3846
なんて言ってる間に「きたあかり」先生はすでに他の被写体へ。

DSCF3847
先生、首尾はどうですか?

DSCF3848
ちなみに先生のこの時の被写体は、カバでした。

この後、小動物を集めた「小獣館」に入りました。
結構ちょこまか動くうえに、照明も動物が落ち着く明るさに調整されているので、
写真がブレブレで、いいのがあまりありません。

DSCF3863
って、いう私の話はどこ吹く風で、「きたあかり」先生は激写を続けてました。

DSCF3872
「小獣館」を出たら、次はオオアリクですか。

DSCF3875
池のそばには、ワオキツネザルがいました。

DSCF3879
そしてなぜかエミューの銅像も。

DSCF3881
これが、いわゆる不忍池ですね。

ん?、あのタワーはもしや。

DSCF3882
おぉ、スカイツリーですね。

そして、両生爬虫類館へ。

DSCF3886
ここでも、「きたあかり」先生は本領発揮です。

DSCF3888
人混みをかき分けて、グイグイと前へ。

動物園の前半では、結構引っ込み思案な感じで促しても柵の前までは行こうとしなかったのですが、
カメラを持ってからは積極的になりました。

妻と、「きたあかり」先生は普段おっとりだけど、カメラを持つと人が変わるねぇ、などと言って笑ってました。

DSCF3890
先生、魚を撮っていらしゃいます。

DSCF3896
そうそう、すんごい長い首の亀がいました。

ひと通り見て済んで、おみやげも買ったので、アキバをうろついている双子と落ち合うことにしました。

DSCF3900
カメラを手放して、腑抜けた感じの「きたあかり」で記念撮影。

息子たちとは連絡を取り合って秋葉原のファーストフード店で待ち合わせました。
どうやら、ホントにアキバをウロウロしながらブックオフなんかを物色していたようです。
集合して店を出る頃には、雨が降り出しました。
動物園にいるときに降らなくて良かったですし、息子たちもずぶねれにならなくて良かったです。

この日泊まるホテルは御茶ノ水にありましたので、タクシーで向かうことに。
やや苦戦した後、タクシーを捕まえて、ホテルに向かいました。
宿泊するホテルには、実は家族が来る前に仕事していて泊まったホテルでしたので、付近の様子がわかり、
スムーズに到着出来ました。

ホテルで一休みしてから、晩御飯を食べに外を家族で散歩しました。
ホテルから歩いてすぐのところが、神田の書店街でした。

DSCF3928
ちょうど「神保町ブックフェスティバル」なる催しが開催中のようでした。

うちの家族、みんな本好きなんですよね。

DSCF3901
いやー、家族揃って書店街で本漁りできるなんて、素晴らしいなぁ。

DSCF3904
ウロウロと、

DSCF3906
思い思いに本を見て歩きましたよ。

DSCF3909
中華料理屋さんの壁におっかない仮面が。

DSCF3923
そして、晩御飯です。
老舗の天ぷら屋さんです。

DSCF3910
店内の壁には歴史を感じさせる写真がいたるところに。

DSCF3911
すごいですねぇ。

DSCF3912
子どもたちも感心しきりでした。

DSCF3913
こちらは私の頼んだ天ぷら盛り合わせです。

DSCF3916
息子の穴子天丼です。

ちなみに「きたあかり」は、ホタテの刺し身とライスと味噌汁。
先生!、東京の天ぷら屋に来てそのオーダーですか!!
本当に物事に全くこだわらない人ですねぇ。

DSCF3918
美味しくいただきました。

DSCF3921
お店の床は非常に年季が入っており、油もノッてピカピカのツルツルでした。


帰る前にもう一件本屋に寄りたいと息子たちが言うので、

DSCF3926
こちらの本屋に。

DSCF3929
ご満悦ですか?

DSCF3930
いい本はありましたか?

DSCF3931
楽しんでいただけたようでよかったです。

DSCF3932
私の好きな作家さんの色紙もありました。

こうして、神田神保町の夜を堪能したひげ一家でした。

つづく
スポンサーサイト

東京に行ってきました。その5

前回のつづき

台風並みの低気圧が北海道を駆け抜けていったら、真冬並みの寒気が到来ですって。
今週の前半は初雪即積雪になりましたよ。

さて、東京旅行の続編です。

ディズニーシーの翌日は、二手に分かれました。
私と妻と「きたあかり」の上野動物園組と、
「メークイン」と「男爵」の秋葉原組です。

すくすくと息子たちがおたくに育っていっておりますな。

DSCF3751
と、いうわけで上野動物園です。
かぶりものは前日のうさミミ帽子です。

上野動物園は正門をはいるとすぐのところにパンダ舎があります。

DSCF3755
パンダですね。
ほぼ開園と同時に入園したので、園内も空いていてゆっくりパンダを眺められました。
帰る頃には、「立ち止まらずにご観覧ください」状態になってました・・・。

DSCF3757
もう一頭のパンダさん。ずーっと寝てました。

DSCF3759
パンダ舎を通り過ぎると、なぜかバンコクで見たような建物が。

DSCF3760
石碑にはやはりタイから贈られた建物だと書いてました。
うーん、縁があるなぁ、とうれしくなりました。

DSCF3764
お次はゾウさん。
三頭もいるんですねぇ。いいなぁ。
円山動物園にも来てくれないかなぁ。

DSCF3767
こちらのゾウさん、しきりに鼻を高く上げてました。
見ていると鼻息の勢いで木の葉を吹き飛ばして、落ちてきたものを食べてました。
珍しい光景を見られました。

DSCF3770
ゾウさんを通り過ぎると、ゾウの像が。
乗ってもらいましたよ。

DSCF3774
お次はサル山ですね。

DSCF3773
体重計なんてありましたよ。

DSCF3776
毛づくろいもしてました。

DSCF3777
子ザルさんも。

DSCF3778
少し先にはカピバラのコーナーがありました。
バクと同じブースのようでした。
交互に出てくるんでしょうか?

DSCF3780
次はシロクマ。

餌を係員さんがあげていて、あっちこっちへと活発に動いてました。

DSCF3784
水に飛び込むシーンを見れました。
かぶりつきでおじさんが大きなカメラでずっと写真を撮っていました。
子どもたちに譲ってあげてほしかったですね。

DSCF3785
シロクマの近くにはアシカがいましたよ。

DSCF3786
間近で見られました。

DSCF3787
近くにはフクロウのコーナーも。

この辺で小腹がすいてきたのと、妻が混む前に食堂に行こうというので、
早めにお昼にしました。
これが大正解で、私たちが食事を始めたころにはかなりの混雑になってました。

DSCF3789
私は「野菜たっぷりの豚角煮丼」にしました。

食事の後は、西園に行くことに。
さすがに大きい動物園ですね。二つに分かれてるんです。

DSCF3792
東園と西園の間にはモノレールが走っていますので、乗りました。

DSCF3795
楽しそうでよかったです。

DSCF3796
途中で見えたこの池が、有名な不忍池(しのばずのいけ)でした。

西園について最初に向かったのは子ども動物園です。

つづく

東京に行ってきました。その4

前回のつづき

DSCF3706
ジャスミンのフライングカーペットの順番待ち中に。

そんなに長い待ち時間でなく、乗れました。

DSCF3708
途中、隠れミッキーを探したりしました。

DSCF3709
さ、乗りましょう。
キャストの方から、9番の待機場所で待つように言われたのですが、
その番号がそのまま乗るカーペットの番号でした。
って、それに私は気づいてなかったのですが、子どもたちはちゃんと気づいてたそうです。
もう、お父さんよりしっかりしてるのねぇ。

DSCF3710
子どもの後ろの席に搭乗。
兄妹仲良くて、善哉善哉。

日が暮れて来て、ライトアップされた風景がきれいでした。

DSCF3712
結構高い所を結構速い速度で回ってました。

アトラクションを降りて、ケータイを確認すると、妻からメールが。
あちらのアトラクションが終わったら、ダメもとでトイ・ストーリー・マニアに並んでみる、とのこと。

私たちも急いで向かうことにしました。

DSCF3715
でも、きれいだったので、ロストリバーデルタで記念写真。

妻と「男爵」より、アラビアンコーストからロストリバーデルタへの移動分は少なくとも遅れているはず、と
先を急ぎます。

さて、ロストリバーデルタから、トイ・ストーリー・マニアのあるアメリカンウォーターフロントへは、
ポートディスカバリーというエリアを抜けていきます。
このポートディスカバリーからアメリカンウォーターフロントまでは、
エレクトリックレールウェイという電車が走っています。
電車に乗ると、楽だし、歩くより早いですが、
乗るまでの待ち時間も考えると、むしろ遅くなるかも知れません。

歩きながら一瞬悩んだあと、歩くことにしました。

DSCF3717
そして、ディズニーシーの反対側からぐるっと歩いて到着。

ここで、妻からのメール着信。
これからエレクトリックレールウェイに乗るところ、と。
あれ?追い抜いてる?
というか、エレクトリックレールウェイに並んでたら、
合流してたのかな?

ま、そんな感じで、トイ・ストーリー・マニアへ。

日中は140分待ちとのことでしたが、このときは90分待ち。
じゃ、並ぶかね、と並びました。
しばらくして、無事妻たちとも合流できました。
スイスイと列は進み、実質45分くらいで乗れたんじゃないでしょうか。

DSCF3718
どうやら射的ゲームのようです。

射的ゲームでした。
3Dなので、奥行きがあって楽しいアトラクションでした。
ひげ一家の最高得点は「男爵」でした。

終わった後は、ちょっと早いけど、晩ご飯を食べて帰ろう、という話に。

レストラン櫻に小一時間並んで入店しました。

DSCF3721
さて、何にしましょうかねぇ。

DSCF3722
ちょっと変わったアングルで。

DSCF3723
店内の雰囲気もいいですねぇ。

DSCF3727
こちらは「きたあかり」のキッズプレートです。

DSCF3730
おいしい?

私は、

DSCF3731
串揚げと、

DSCF3734
海鮮サラダにしました。

おいしいですが、やっぱりちょっとお高いですかねぇ。
まぁ、夢と魔法のお代込みですからね。

では、帰りましょう。

DSCF3740
帰りがけのアーケードで人だかりが。

ショーウィンドウの前に立つと、影がウィンドウの奥の壁に映って、壁に移される風船とかを触れるらしいです。

DSCF3741
うちの一家もやってみました。
いろんな仕掛けがありますねぇ。

パークを出るところに30周年の記念モニュメントが。
みんな順番待ちをしながら写真を撮っていました。

DSCF3748
と、いうわけで、最後に記念写真です。

今回も楽しいディズニーシーになりました。

翌日は、上野動物園に行きますよ。

つづく

東京に行ってきました。その3

前回のつづき

水上ショーを堪能した後は、「きたあかり」リクエストのトリトンズ・キングダムへ。

DSCF3669
途中、隠れミッキーを探したりしましたよ。

DSCF3670
途中の通り道ですが、さすがに朝早くに比べると人出が多いですね。

DSCF3552
これが大体同じくらいの場所を朝に撮ったものですから。

DSCF3671
小腹がすいたので、ちょっと買い食いを。

DSCF3672
ギョウザドッグを買いました。
細長い形の、具がもろに餃子になった肉まんです。
おいしくいただきました。
「きたあかり」が残すだろう、と私と彼女で合わせてひとつにしたのですが、
私が軽く三口くらいで、あとは「きたあかり」の胃の中に。
おいしかったんですねぇ。

DSCF3673
アラビアン・コーストを横目に、

DSCF3674
トリトンズ・キングダムに到着です。

ここは、3人がずっと小さかった時にきて、かなり長く満喫した覚えがありますねぇ。

DSCF3674
その時の写真です。
うーん、月日がたつのは早いですねぇ。

DSCF3676
入口で記念撮影しました。
見切れてるお兄さん、ポーズ決まってますね。

中は、思ったより人が多かったです。
小さな子向けのアトラクションが多いせいか、ベビーカーが所狭しと並んでました。

妻と双子の兄貴たちはそれほど興味がないようで、座って待ってると。
私と「きたあかり」でうろうろしました。

まずはワールプールへ。
いわゆる、コーヒーカップですね。
写真、うまく撮れませんでした。

その後、トイレに行ったりした後に、アリエルのプレイグラウンドへ。

DSCF3679
魚網の通路を歩いたり、他の迷路を遊んだりしました。

「きたあかり」は暗くて大きな音のするところは苦手なので、
入れないところもありましたが、

DSCF3683
それ以外は楽しく見て回れました。

DSCF3684
記念撮影も。

DSCF3685
屋内なんで、寒くも暑くもないし、天気も関係ないしで、
小さな子どもを連れた家族にはもってこいですもんね。
でも、こんなに混んでたら、迷子続出しそう・・・。

しばらく遊んでいたら、大分いい時間になったので、二手に分かれました。
妻と「男爵」はロストリバーデルタへ。
「きたあかり」と「メークイン」と私はアラビアンコーストへ。

DSCF3686
はい、とぉーちゃーっく。

DSCF3687
「きたあかり」のご希望のキャラバンカルーセルへ。
メリーゴーラウンドですね。

DSCF3688
日が暮れて来て、よりエキゾチックな雰囲気に。

DSCF3689
さ、並びますか。
「メークイン」も文句も言わず付き合ってくれて、ありがたい話です。

DSCF3693
2階建てのアトラクションですが、途中までは一列です。
最後の最後で、希望の階に進みます。

DSCF3695
記念撮影をば。

DSCF3696
「メークイン」に撮ってもらいました。

この後、「きたあかり」にうさミミ帽子を返してアトラクションに乗ったのですが、
回転している途中に、借りて私がかぶったら、
手を振ってくれていたキャストさんがそれを見て噴き出してました。
ひげとうさミミの取り合わせがツボの方だったんでしょうねぇ。

キャラバンカルーセルの次は、ジャスミンのフライングカーペットへ行きました。

DSCF3702
この街並みもいいですねぇ。

DSCF3704
記念写真をもう一枚。

DSCF3705
さ、あれに乗りますぞ。

つづく

東京に行ってきました。その2

前回のつづき

DSCF3596
ウミガメに会うために、ワクワクして待つ人々と遠くに見えるタワー・オブ・テラーです。

前回でも書いたとおり、クラッシュは愉快なやつでした。

タートル・トークを出てから、「メークイン」が乗りたいといっている、
トイ・ストーリー・マニアへ。

ところが、140分待ちで、ファストパスも配布終了とのこと。
さすがに新しいアトラクションは人気ですね。

一端あきらめて、道端で一休み。
これからどうするか相談です。

DSCF3601
ま、この方はのんきにポップコーンを食べてるだけですが。

ポップコーンと言えば、今回は、前回の旅行で買ったポップコーン入れを持って行きました。
荷物になりますが、ポップコーン入れ付きで買うのとおかわりのみでは、
おかわり3回分もお値段が違うので、3人分となるとかなりの差になるんですよ。

DSCF3599
休んでいる間に、周囲の建物を撮影しました。
ディズニーシーはほんとに街並みがきれいです。

相談では、妻が乗りたいという、インディ・ジョーンズ・アドベンチャーの偵察に行くことに。
それなりの待ち時間で乗れそうなら、乗りたい人(妻と「男爵」)は並んで、
残りは「きたあかり」が希望するトリトンズ・キングダムやアラビアンコーストを廻ろうということになりました。

DSCF3603
途中のミッキー&フレンズ・グリーティングトレイルにて。
待ち時間が長いので、断念しましたが、前で記念撮影をしました。

そして、インディ・ジョーンズ・アドベンチャーにいったところ、
なんと、お昼もだいぶ過ぎたこの時間にまだファストパスが残っていました。
夕方のパスを確保できました。

そうなると、この後どうしようか、という話になりましたが、
「きたあかり」が、船に乗りたい、とのこと。

DSCF3604
ちょうど船着き場が近かったので、乗ることにしました。

DSCF3605
水辺にはカモさんの姿もチラホラ。

DSCF3607
待っている間に見かけたフルーツを乗せた小舟が、楽しかったあの旅行を思い出させます。

乗ったのは、ディズニーシー・トランジットスチーマーラインというやつですが、
ぐるっと一周するものと、船着き場から次の船着き場までいくものがありました。
船に乗る船着き場でどちらの船に乗れるかが決まっていて、
私たちが使ったロストリバーデルタの船着き場は メディテレーニアンハーバーまでの便に乗れました。
キャストさんの話ではもうすぐ、水上ショーの準備のため、運休になるとのこと。
良いタイミングだったようです。

DSCF3608
お船の船長さん。

DSCF3609
満足ですか?

途中の景色にガイド音声が流れて楽しく乗れました。

メディテレーニアンハーバーにつくと、ほんとにもう、運休になったようで、
船着き場はガラガラでした。
水上ショーは14時半からとのことですが、すでに場所取りの方たちも発生していました。
石垣に座ってみられる場所がちょうど空いていたので、休みがてら場所取りを。

DSCF3612
いい天気で、景色がきれいです。

DSCF3617
ちょうど火山と街灯がかぶってしまいましたね。失敗。

待ち時間の間に交代でトイレに行ったり、辺りを散策したりしました。

DSCF3618
アイス買いました。

DSCF3619
この文具屋さんの近くで買ったそうです。

DSCF3621
お、何か出てきました。

DSCF3622
いよいよ始まりますね。

DSCF3626
女神さまが出てきました。

DSCF3633
伝説上の生き物をかたどった船も続々と登場です。

DSCF3644
さあ、真打ち登場です。

DSCF3650
キャー、ドナルドが私をみてるー!!(笑)

DSCF3654
ダンサーの皆さんも気合が入っていますね。

DSCF3657
竜だ竜だ!

DSCF3658
スーパースターは存在感が違いますね。

DSCF3661
さらに大物が乗った船が登場してきます。

DSCF3662
ダイナミックですねぇ。

DSCF3668
いやー、よかった。迫力ありました。
正直、鳥肌が立ちました。
こんなショーを毎日やるんですから、大したものですね。

つづく

東京に行ってきました。

今年の日本シリーズは、4勝3敗で楽天が初優勝でしたね。
6戦で160球完投でマー君が負けたときは、楽天の負けかと思いましたが、
7戦の9回にマー君が出てきて締めて、レジェンド完成とはねぇ。

さて、そんな10月末に仕事で東京に行きました。
ちょうど、息子たちの学校が秋休みで、娘の学校も創立記念日が絡んで連休になるので、
私の一日遅れで家族も東京入りしました。

まずは一人でお仕事したわけですが、

DSCF3522
チキンライスというのをお昼に食しました。
シンガポールの料理だとか。
ご飯はチキンスープで炊いてます。
バンコクのカオマンガイを彷彿とさせますね。

DSCF3526
右の蒸した鶏肉が本場風で、左の揚げたお肉はこの店のオリジナルだそうです。

DSCF3527
仕事があったのが東京ドームホテルでした。
ここまで来て、日本シリーズを観られないとは・・・。
近所のチケット屋さんで、4万円とかで売ってましたけどね。

DSCF3528
宿泊するホテルまでの通り道に、天下のご意見番のお屋敷跡がありました。

仕事は、10月30日と31日で終わりました。
31日の夜に羽田空港まで家族を迎えに行きまして、みんなで新木場のホテルに行きました。
春と同じファミリーロッジ旅籠屋に泊まりました。

11月1日は東京ディズニーシーに行きました。

DSCF3537
連休直前の平日だからか、開園一時間ちょっと前でこの並びようです。
今までで一番少ないかも。

DSCF3536
列から少し離れてゲームをする「メークイン」。

DSCF3539
あ、開園直前はいつもどおりかな?

DSCF3542
ご両人がお出迎えしてくれます。

今回は、開園と同時に、私はセンター・オブ・ジ・アースのファストパスを取りに行きました。
家族たちはダッフィーというクマのキャラクターショップへ。
何でも大人気だそうで、友人が先日ディズニーシーに行ったときには入店制限で入店に2時間待ちだったとか。

DSCF3543
ディズニーシーは景色がきれいですよね。
思わず立ち止まって写真を撮ってしまいます。

途中まで、ドワーッと人の流れが押し寄せててびっくりしましたが、
皆さんは、タワー・オブ・テラーの方に流れてました。
途中からは不安になるくらい人の流れがなくなりました。

DSCF3544
で、のんきに写真を撮ってました。

DSCF3546
もう少しで目的地です。

無事にファストパスを手に入れまして、すぐだったらほとんど待ち時間なしに海底2万マイルに乗れそうでしたので、
家族を呼びにダッフィーのショップへ。

DSCF3547
いい天気です。

DSCF3549
彼がダッフィーです。

DSCF3551
メディテレーニアンハーバーが一望できました。

目的のショップもこの時間はガラガラ。
でも、家族もいませんよ。電話をかけて確認したら、ずっと手前のお店で買い物中でした。
そこでも目的の物は買えたようです。

DSCF3552
アトラクションの前で待ち合わせです。

家族と落ち合って、いざ、海底2万マイルへ。

DSCF3556
ノーチラス号ですね。

海底2万マイルのあとは、ファストパスを取ったセンター・オブ・ジ・アースへ。
こちらはジェットコースター型のアトラクションで、「きたあかり」は苦手だったみたいです。

その後、アクアトピアへ。
途中、隠れミッキーを親切なキャストの方にヒントをもらったりして探しました。

DSCF3570
アクアトピア、並び中です。

アクアトピアは平和でよかったです。
そういえば、この後しばらくして近くを通ったときは、トラブルなのか、アクアトピア、止まってました。

DSCF3572
大砲の前で。
兄貴たちは小さいころ乗っかってましたね。

DSCF3574
これが、朝にはガラガラだったダッフィーショップです。
すでに列ができてました。

小腹がすいたので、ケープコッド・クックオフへ。

DSCF3578
ダッフィーとその彼女です。

ファストフードを買って、ショーを見ながら食べるシステムです。
兄貴たちが小さいころとはショーの内容が変わってました。
あと、前は自由席でしたが、今は座席をキャストから指定されました。

DSCF3580
ショーを見ながらチキンナゲットを。

DSCF3585
同じく、ショーを見ながらハンバーガーを。

DSCF3581
ショーにはダッフィー他、いつものメンツが総出演でした。

満足して、次のアトラクションへ。
タートル・トークを目指しました。
お船の最後尾です。

DSCF3594
並び中です。

DSCF3595
並び中です。

亀のクラッシュは、前評判どおり愉快なやつでした。
即興であれだけ場を沸かすのはすごいですね。

つづく
プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。