スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の水族館に行って来ました。その2

前回のつづき

おんねゆ温泉は山の水族館だけではありませんでした。
同じ敷地の別の施設にも行きましたよ。

DSCF1279
木製遊園地「果夢林」です。
ハト時計と同じ名前ですね。

DSCF1280
木のプールは気持ちいですよね。

DSCF1281
楽しそうです。

DSCF1283
この木琴、最初、縄ばしごかと思いました。

DSCF1289
この動物をかたどった木のレリーフ、

DSCF1287
アップにするとこんなヤツですが、

DSCF1285
押すとなんとその動物の鳴き声が上から聞こえてくる仕掛けでした。

DSCF1292
滑り台もありますよ。

DSCF1296
私も滑りましたとも。

DSCF1293
吊り橋もあります。

DSCF1294
足元にあわせてみました。

DSCF1300
魚釣りもありますよ。

DSCF1302
輪投げも出来ました。

DSCF1305
「果夢林」の隣は物産館になってました。

DSCF1306
結局このふくろうではなく、うさぎときつねのぬいぐるみがおみやげになりました。

物産館を後にして、小腹がすいたので道の駅の敷地内にある「喜久ちゃんラーメン」に入りました。

DSCF1307
私が頼んだのはジンギスカンラーメン。
良い感じに味付きジンギスカンの風味が味噌ラーメンに移ってました。

DSCF1310
その後のデザートに大豆ソフトをいただきました。
ノンミルク・ノンエッグとのことで、超ヘルシー。

そうそう、私ダイエット中でして、2ヶ月で約10kg減量してその後2ヶ月間維持中です。
誰か褒めて下さい。

DSCF1314
その後、少しだけ離れた、北きつね牧場に行きました。
100匹くらいきつねが放し飼いなんですって。

DSCF1317
ほら、きつね。

DSCF1318
ちょっと離れていますが、記念撮影をば。

DSCF1320
そんなに大きくない施設ですが、ずっときつねに注視されていました。
それもほぼすべてのきつねに。
こっちがお金を払ってきつねを見に来ているのに、あんなにみられたんじゃあ、
なんだか腑に落ちない気分になりますね。

こちらの施設は少し期待はずれでした。

DSCF1322
北きつね牧場の出口は超昭和な感じのおみやげコーナーでした。
ジャガイモ3兄弟揃い踏みで締めです。

DSCF1324
このあと、午後いっぱい使って帰宅しました。
やや疲れましたが、妻が淹れてくれたねぎらいのコーヒーが美味しかったのでよしとしましょう。

「きたあかり」との約束が半分果たせました。

あとは帯広だなぁ。

おわり
スポンサーサイト

山の水族館に行って来ました。

今年のG.W.。あまりにも寒かったので、予定していた道東方面への遠征を道南に変更しました。
その決定をした時、「きたあかり」に大泣きされたのですが、
なだめるために「山の水族館とおびひろ動物園には別の機会に必ず連れて行くから」と約束しました。

今回はその約束を果たすため、おんねゆ温泉に向かいました。

今回はいつのと違うのは、息子たちは友だちと札幌祭りに行くとのことで、
遠征に不参加となりました。犬達の世話をしてもらいます。

DSCF1180
旅立ち前の壮行会。

DSCF1181
3人で出かけますよ。

近所のファミレスで夕食を食べたあと、息子たちを家におろして出発です。
4時間ほど車を走らせて、目的地の道の駅おんねゆ温泉に到着。そのまま車中泊しました。

DSCF1186
朝起きて、まずはコーヒーで一服。

山の水族館は、道の駅とほぼ同じ場所にありますので、車を停めて行けます。

DSCF1189
そして、世界一のハト時計「果夢林」も同じ敷地内に。
日中の毎正時に動きます。

DSCF1191
記念撮影をば。

DSCF1192
8時になると、中からおじいさんが。
あとで知りましたが、山の神様らしいです。

DSCF1195
ひと通り歌ってます。

DSCF1199
最後にハトが出て来ました。
あ、そうか、ハト時計でした。

「果夢林」の中にも入れます。

DSCF1202
木こりの人形でのこぎりゲームができます。

DSCF1203
木琴もありました。

DSCF1204
二階には次の出番を待つ神様も。

DSCF1208
さ、本命に向かいましょう。

DSCF1214
でっかい亀がいました。
ミシシッピーアカミミガメだそうです。
うちにいる亀と同じ種類ですね。ここまで育つんだ、あいつ・・・。

DSCF1216
万華鏡水槽ですね。

DSCF1217
のぞくとこんな感じです。

DSCF1223
ドクターフィッシュもいました。
ここの生き物は、全体的にサイズが大きめですね。
そういえば、温泉水を混ぜて育てると大きくなるんだとかテレビでやってたような・・・。

DSCF1226
レイクロブスターもいましたよ。ま、ザリガニですけど。

DSCF1227
記念写真のお約束はきっちり守りますよ。

DSCF1229
あー、熱帯魚きれいだねぇ。

DSCF1240
彼の名はブタバナカメ。見たままの名ですね。

DSCF1242
アロワナでかい。

DSCF1245
趣向を凝らした水槽が多いですね。

DSCF1246
お、スケルトンフィッシュかな?

DSCF1248
興味津々に見てくれてるので、連れてきた甲斐がありますな。

DSCF1252
ほんとに大きい魚が多いです。

DSCF1254
ナマズだねぇ。

DSCF1260
イトウがゾロゾロいました。

DSCF1263
残念、ピンぼけです。ヒメマスがウジャウジャいてきれいでした。

DSCF1262
こっちのほうがピントがまだあってる方かな?

DSCF1268
有名な冬には水面が凍る水槽の前で。

DSCF1276
もう一つの目玉。滝つぼ水槽。

DSCF1278
見上げると滝つぼの中を魚が泳いでいます。



DSCF1273
今回のベストショットです。


非常に楽しく見学しました。
こじんまりとしていますが、見応えがありますね。
でも、そんなに時間はかからなかったです。

つづく

自転車に乗って

5月のある土曜日、この日は上のジャガイモたちの授業参観日でした。

DSCF0883
朝ごはんは、妻が作ってくれたラピュタパンでした。

授業参観は無事終了。ジャガイモたちも頑張っているようです。

DSCF0886
授業参観のあとにランチを食べに行きました。
私はもつ焼きプレートを頼みました。

DSCF0889
昼食後のサラリーマンみたいな双子。
でかくなったもんだ。

天気がいいので、帰ってきてから「きたあかり」の自転車の練習に出かけました。
1時間くらいの練習で補助輪を外して、そっと背中に手を添えるくらいでふらつきながらも前進できるようになりました。

DSCF0895
偉いですね。

気を良くしたひげと「きたあかり」は翌日も自転車の練習へ。

DSCF0900
練習場の公園までは、補助輪付きで移動です。

DSCF0904
道中、桜が綺麗に咲いてました。

DSCF0912
しばしの練習で、曲がりなりにも一人で乗れるように。
子どもの上達は早いですね。

DSCF0913
おおっ、乗っている!

DSCF0921
でも、すぐ飽きて、友達と遊び始めてしまいましたが。

ふと、思い出してブログの昔のページを確認すると、
兄貴達もちょうど同じ時期に自転車の練習をしてました。


「男爵」の同時期。


「メークイン」の同時期。

7年前に同じように子どもの自転車の練習をしてたんだな、と思いつつ、
そういえばなんだか大変だったように思い出されて、
子どもが一人だと、楽なんだ、と再発見しました。

これからも、いろんな場面で7年前を思い出しながら感慨に耽るんでしょうねぇ。
・・・、ひげが白くなるわけだ。

「きたあかり」のピアノコンサート

ヤマハの音楽教室に通っている「きたあかり」は最初のコースを終了して、お披露目のコンサートに臨みました。

DSCF0703
ドレスを着れたのが嬉しかったようで、終始ごきげんでした。

DSCF0706
鏡の前でクルクル回って楽しんでました。

ピアノ演奏は間違えることなく弾き切りました。

DSCF0713
ん、よく頑張った。

DSCF0715-2
近所のお友達が駆けつけてくれてました。

DSCF0721
記念写真をば。

DSCF0736
コンサートのあとは食事に行きました。
コンサートを見に来てくれたおじいちゃん、おばあちゃんも一緒です。

DSCF0737
何を食べるか相談中。

DSCF0741
美味しいお店でした。

DSCF0743
最後におすまし。

引き続き、上のクラスに通っています。

2013年G.W.遠征報告 その3

前回のつづき

噴火湾パノラマパークのまきばの冒険広場であそんだあと、
すぐ近くの、ハーベスター八雲というオーガニックレストランへ行ったのですが、
激混みでした。
で、あっさりあきらめて、八雲市街地へ。
ガイドブックを参考にお店を探していると、これまた、目的のお店とは違うものの、
ミシュランガイドにのっていた店を発見。
「亀や」さんに入りました。

DSCF0853DSCF0853 posted by (C)higekuma
おいしいお寿司をいただきましたよ。
おなかすき過ぎてて、すぐ食べちゃって写真は撮り忘れました。

DSCF0854DSCF0854 posted by (C)higekuma
えーとこれは、お店の中にあった焼酎のポスターなんですが、
「店主推薦」の文字が、なぜか「魔王捕獲」に見えて、思わず写真に撮ってしまったという・・・。
さすがに旅疲れでしょうか?

お店を後にして、さて、どうするか、と。
実は直前に予定変更していたため、計画も中途半端で、ここから先はノープランなのです。

とりあえず、困ったら温泉にでも入るか、とガイドブックなどを物色。
豊浦の「天然豊浦温泉しおさい」が良さそう、とのことで、そこに向かいました。
海辺にある温泉で、浜辺でバーベキューをしている人もいました。

いいお湯をいただき、休憩室でくつろぐことしばし。
「きたあかり」がゲームコーナーを見たい、というので、私以外のみんなでゲームコーナーへ。

DSCF0857DSCF0857 posted by (C)higekuma
三百円くらいの投資で、大物をゲット。

DSCF0858DSCF0858 posted by (C)higekuma
非常に喜んでますね。

DSCF0859DSCF0859 posted by (C)higekuma
その後、我がファイターズの試合などをテレビで観戦しつつ、さらにくつろぎました。

こちらの温泉を出る時に、なんと同じ職場の方にお会いしました。
豊浦のご出身で、帰省されていたようです。
朝から海釣りをされて、帰りに温泉によったとのことでした。
すごい偶然ですね。

飯食って、風呂入って、ダラダラして、おなかそんなに空いてないけど、
夕食の時間が近いねー、なんて言って、伊達まで移動しました。
伊達では、おいしそうなお蕎麦屋さんをガイドブックで妻が見つけたので、
そこへ向かいましたが、お休みでした。
仕方なく、別のお店に。
「京料理 ひろや」さんです。

非常に趣のある内装のお店でした。

DSCF0862DSCF0862 posted by (C)higekuma
通された小上がりには馬の絵の衝立まで。

料理を待つことしばし。

DSCF0865DSCF0865 posted by (C)higekuma
はしゃいでますね。

DSCF0863DSCF0863 posted by (C)higekuma
あ、ピンボケ。「男爵」です。

DSCF0864DSCF0864 posted by (C)higekuma
こちらは、「メークイン」です。

で、料理到着。

DSCF0866DSCF0866 posted by (C)higekuma
食べかけですが、「きたあかり」の頼んだステーキです。

DSCF0869DSCF0869 posted by (C)higekuma
「男爵」の頼んだ松花堂弁当です。おいしそうですね。

妻と「メークイン」の頼んだ料理は撮り忘れました。

DSCF0868DSCF0868 posted by (C)higekuma
で、私の頼んだはも天丼。
出てきてびっくりのボリュームでした。
でも、意外にあっさりのうえ、一緒に盛られていた野菜天もとてもおいしかったです。

こちらのお店は、デザートも美味しかったうえに、
コーヒーには羊羹をお茶うけにつけてくれて、
さらにその羊羹を「きたあかり」が欲しがると、子どもたちにもサービスしてくれて、
さらにちょっとしたお菓子まで持ってきてくれました。

DSCF0873DSCF0873 posted by (C)higekuma
こちらは正規で頼んだカシスシャーベットです。
おいしかったようです。

雰囲気が良くて、メニューに特色があって、味が良くて、
サービスが良い、となるととてもお勧めです。
そば屋休みで本当によかったです。

満足なうちに移動して、この日の宿泊予定地へ。
高速道路内のサービスエリアですけどね。

DSCF0876-2DSCF0876-2 posted by (C)higekuma
翌5月5日の朝です。
犬たちに餌をやるときはこのように車につないでいます。

DSCF0875DSCF0875 posted by (C)higekuma
こちらは「スノーク」。おいしくいただいているようです。

DSCF0874DSCF0874 posted by (C)higekuma
こちらは「ブヒオ」。最近腰が悪くて長い距離を歩けなくなってきました。

実は5月6日は暦上は休みですが、兄貴たちの学校は登校日でした。
ですので、この日のうちに帰らなければなりません。
旅の疲れをとる意味もあって、午後の早いうちに帰ろう、ということにしてました。

と、いうわけで、最終日の目的地は・・・、
なんと新千歳空港。
ここの入浴施設の「万葉の湯」に入って帰ろうという計画になったのです。

なにも写真はありませんが、お風呂はきれいなうえ、整備されています。
さすが空港にあるだけあります。
ただ、風呂にしては料金がちょっとお高いです。
が、ここの施設は休憩スペースに大量のコミックが。
もちろん料金内ですので、マンガ喫茶としても利用するなら、あり、というところでしょうか。
少なくとも我が家は満足でした。

DSCF0877DSCF0877 posted by (C)higekuma
そうそう、空港で例のカルビーの揚げたてポテトチップスをまたいただきましたよ。

さて、「きたあかり」さん、今回の遠征はいかがでしたでしょうか?

DSCF0878DSCF0878 posted by (C)higekuma
ピンボケなのが惜しいところですが、ご満足いただけたようですね。

DSCF0881DSCF0881 posted by (C)higekuma
今回の旅はこれにて終了です。

おわり

2013年G.W.報告 その2

前回のつづき

前回から少し間が空いてしまいましたが、ゴールデンウィークの報告を続けます。

道の駅なとわ・えさんを後にしたひげ一家、次はどこかで温泉にでも入ろうか、という話になりました。
道南のこのあたりには秘湯も多く、泉質もいいお湯が多いのです。

で、とりあえず候補地に向かって車を走らせていましたが、椴法華(とどほっけ)という地区で、
水無海浜温泉の文字を見かけました。
一家そろって「水曜どうでしょう」のファンで、DVDなどもそろえているひげ一家にとって、
水無海浜温泉は、大泉さんが「闘痔の旅」で訪れた聖地です。
これは行かねばならないと、目的地変更して向かいました。
途中、分かりにくい道案内の看板にやられながら、車一台分しか通れない道にドキドキしながら、
何とか到着しました。

DSCF0791DSCF0791 posted by (C)higekuma
駐車場から少し歩きます。
遠くに見えてます。

DSCF0792DSCF0792 posted by (C)higekuma
アップにするとこんな感じ。

DSCF0795DSCF0795 posted by (C)higekuma
温度はぬるめです。

完全な露天風呂で、脱衣所とも少し距離があるため、
入浴はあきらめて周囲を散策することに。

DSCF0799DSCF0799 posted by (C)higekuma
あたりは岩場です。
「きたあかり」どうしてもお湯に入りたいというので、足だけ、ということでズボンを脱いでもらいました。

DSCF0802DSCF0802 posted by (C)higekuma
さすが、男の子。ジャガイモたちはどんどん岩場を進んで遊んでました。

DSCF0808DSCF0808 posted by (C)higekuma
おぉ~、そんなところまで。

そんなこんなしているうちに、「きたあかり」が、やっぱりお湯につかりたい、と強硬に主張。
結果・・・、

DSCF0806DSCF0806 posted by (C)higekuma
パンツ一丁で入浴してしまいました。

湯加減はやはりぬるかったようです。

そのご、濡れたパンツを脱いで、乾いた服をきてもらいました。

DSCF0813DSCF0813 posted by (C)higekuma
そして帰る前にもう少し写真を。
これは何をしているかというと、「水曜どうでしょう」のワンシーン、
大泉さんがこの温泉に入る前に行った、「心臓マッサージ」をまねているのです。

DSCF0814DSCF0814 posted by (C)higekuma
アップにすると、こう。

水無海浜温泉を後にして、付近の温泉に。
ホテル恵風(ケイプ)というホテルの日帰り入浴に入りました。
とても体が温まるいい温泉でした。
後から判明したんですが、ミシュランガイドの北海道版にのっていました。
ついでにこちらで夕食も済ませました。

DSCF0816DSCF0816 posted by (C)higekuma
おいしく、

DSCF0817DSCF0817 posted by (C)higekuma
いただきました。

その後、この日の車中泊候補地、道の駅つどーる・さわらへ。
到着後、DVDなどをみながらくつろいでいるうちに、私は撃沈してしまいました。

明けて5月4日。
この日の最初の目的地は八雲の噴火湾パノラマパークです。
広い敷地の中に、公園や芝生の野原、花畑などが広がっています。

その絶景の写真は残念ながら撮り忘れましたが・・・。

息子たちと妻は車でのんびりしててもらい、「きたあかり」とパーク内のまきばの冒険広場へ出かけました。

途中、カメラを忘れたことに気付いて、「きたあかり」に待っててもらい、車までとりに戻りました。

DSCF0818DSCF0818 posted by (C)higekuma
で、戻ってくると・・・。
遠くにポツンと赤い点が見えますでしょうか?

DSCF0819DSCF0819 posted by (C)higekuma
キックボードに乗って待ってたようですね。

まきばの冒険広場にはさまざまな遊具があって、堪能できました。

DSCF0821DSCF0821 posted by (C)higekuma
あ、これは持っていったバトミントンです。

DSCF0825DSCF0825 posted by (C)higekuma
あ、これも、持っていったシャボン玉ですね。

DSCF0826DSCF0826 posted by (C)higekuma
ブランコに乗ったり、

DSCF0827DSCF0827 posted by (C)higekuma
ターザンロープに乗ったり、

DSCF0829DSCF0829 posted by (C)higekuma
これは、ハムスターのように中で歩いてグルグル回る遊具なのですが、
とても重くて、彼女では動きませんでした。
私がやってなんとか動く感じで、そのうえ、歩きだして振りがつくと今度は止まるのが大変な感じでした。

DSCF0831DSCF0831 posted by (C)higekuma
これはシーソーみたいに二人で乗る遊具です。支柱を中心に回れます。
写真の後、もう片方に私が乗った後、ぐるぐる回してやりました。

DSCF0832DSCF0832 posted by (C)higekuma
ターザンロープのもっと機械的なやつです。
スタートすると、ぐるっと一周してスタート地点まで戻ってくるしかけでした。

DSCF0837DSCF0837 posted by (C)higekuma
トランポリンみたいな、フワフワみたいなやつですね。
後ろの暗雲が今回の旅の間ずっとついて回りましたが、雨に祟られる、というほどでなかったのは幸いでした。

DSCF0843DSCF0843 posted by (C)higekuma
ボールでできた山。上の山より硬い乗り心地でした。

DSCF0847DSCF0847 posted by (C)higekuma
巨大滑り台。でも、何が良くなかったのかとても滑りが悪く、「滑り降りてくる」という感じではありませんでした。

DSCF0851DSCF0851 posted by (C)higekuma
ローラー滑り台の方はうまく滑れました。

時々、ポツポツと雨だれが落ちてくるものの、本降りというほどでもなく遊べました。
が、お昼近くなって結構雨雲が厚くなり、今にも降ってきそうな雰囲気になったので切り上げることにしました。

車に戻り、お昼ごはんを食べに目的の店に向かいました。

つづく
プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。