スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山に行って来ました。

仕事の出張先が岡山にできたので、出張に重ねて帰省をしてきました。
前回の帰省は妹の結婚の時で、2年半くらい前でした。

今回は、その後に生まれた妹の2人の息子、すなわち甥の顔を見ることと、
前回から大きくなったであろう下の妹の娘と息子、すなわち姪と甥に会うのが主な目的でした。

もちろん、家族で出かけてきました。

行きは飛行機で2時間の旅。
空港までは車で40分程度ですし、道内の遠方よりは時間的にはむしろ近いですね。

岡山空港に到着し、到着ロビーに降りると、
2人の妹とその子どもたち、そしてそれぞれの妹の旦那さんたちの総勢8人でお出迎えしていただきました。
写真は取れませんでしたが、
妹手製の「歓迎!」の横断幕までありました。
熱烈なお出迎えに感謝です。

そして、車ですぐの母の待つ実家を一度通り過ぎ、ホテルにチェックイン。
今思えば、チェックインだけなら、私だけ乗せて行ってもらえばよかったのですが、
結局お出迎えの8人とひげ一家5人の合わせて13人で大移動。
妹の旦那さんたちに悪いことをしました。

ホテルのチェックインを終えた後、実家に。

母が夕食の準備をしてくれていました。
なんて言って実家に入るか一瞬迷いましたが、
ここは昔どおり「ただいま!」と。
妻の話では子どもたちが、「ただいまだって。」とざわめいていたそうです。

実家ではしばしご歓談。
子どもたちは、すぐ打ち解けたようです。

201110292120201110292120 posted by (C)higekuma
はしゃいでますね。

201110292121201110292121 posted by (C)higekuma
こちらは、まったりとしてますね。

夕食には、岡山ではまだ少し時期が早かったらしいのですが、
「メークイン」の期待(ばーちゃんのカキフライがまた食べられる!)に母が応えて、
カキフライが。

DSC_0525DSC_0525 posted by (C)higekuma
美味しかったです。

他にもいろいろと出してくれるのは、母心・祖母心ですね。

201110292126201110292126 posted by (C)higekuma
皆さんで美味しくいただいて下さい。

この日の夜は、母と上・下の妹夫妻、隣に住む叔父・叔母夫妻とで楽しく盛り上がりました。
妹の話では、母がいつになく嬉しそうだったとのこと。
少しは親孝行になったのでしょうか。

翌日は仕事の用件まで少し時間がありましたので、
またもや両方の妹夫妻にお願いしてトイザらスへ。
何がいいのかわからなかったので、おみやげは現地調達で甥や姪に選んでもらうことにしていたのです。
皆それぞれの欲しいものをゲット。
ちゃっかりとうちの子どもたちもゲット。

帰りがけに上の妹夫妻の計らいで、新幹線の整備場に寄ってくれました。

201110302133201110302133 posted by (C)higekuma
新幹線がたくさん並んでました。
圧巻です。

201110302134201110302134 posted by (C)higekuma
手持ちのゲーム機で写真を撮る双子。

201110302140201110302140 posted by (C)higekuma
とりあえず、手近にいる甥を取っ捕まえて記念撮影を。

201110302137201110302137 posted by (C)higekuma
みんなも見入っていますね。

201110302143201110302143 posted by (C)higekuma
こちらは下の妹の旦那さんと姪。
2個上の写真の男の子もこちらのお子さんです。

201110302142201110302142 posted by (C)higekuma
こちらは上の妹の旦那さんとその胸に抱かれる甥。
一番初めの写真にしゃがんで写っていたちっちゃい子もこちらのお子さんです。

その後、実家に戻って子どもたちはそれぞれゲットしたおもちゃで遊びました。

せっかくいとこが勢ぞろいしたので、母と子どもたちで写真を撮ろうということに。

201110302144201110302144 posted by (C)higekuma
あっちこっちで写真を撮るもんだから、みんなの視線が揃いませんね。
あと、すぐにちっさい子動くし。
とりあえず、母がいちばんうれしそうな写真をご披露します。

ついでに、うちの子たちは一番ちっちゃいいとこを抱かせてもらいました。
4ヶ月の赤子です。

201110302148201110302148 posted by (C)higekuma
「きたあかり」と。

201110302147201110302147 posted by (C)higekuma
「メークイン」と。
赤子をまっすぐにすると自分の体が傾いてしまうようですね。

ありゃ?「男爵」の写真が無いですねぇ。
きっと、小学2年生の甥っ子にカードゲームの指南でもしていたのでしょう。

ここで私は名残り惜しくも出張の用を足しに退場しました。

ええ、もちろん出張の用件は有意義に果たしましたとも。
出張費を出してくれた職場の期待を裏切るわけには行きませんから。
だから、すぐとは言わないので、また出張をお願いしますね・・・。

仕事を終えた後、母達と待ち合わせてから、岡山駅近くの居酒屋へ。
そのあたりは私が幼少の砌に住んでいた地区です。

201110302151201110302151 posted by (C)higekuma
みんな勢ぞろいで記念撮影。
私以外のメンバーが写ってますね。当たり前ですが。

なかなかおいしいお店でした。

201110302152201110302152 posted by (C)higekuma
子供用メニューもしっかりしたものでした。

201110302153201110302153 posted by (C)higekuma
子どもたちもご歓談なさってますね。

広い個室だったこともあり、子どもたちはグルグルとテーブルの周りを走ったり、
かくれんぼしたりしていました。
「きたあかり」が鬼でかくれんぼした時など、
参加していない「男爵」の服を脱がせて着替えた「メークイン」が黙って座っている、という、
双子の特性を生かした隠れ方をして、一同大爆笑でした。
ちなみに「きたあかり」は、「男爵」の服を着た「メークイン」のうつむき加減の顔を穴が開くほど見つめた後、
「みーつけた。」と言いましたとさ。

こうして楽しい夜が更け、今回の帰省は終了しました。

翌日は朝から岡山を新幹線で発ち、新神戸から神戸空港へ移動した後、
飛行機で北海道に戻りました。
実は新千歳-岡山便は季節運行で、ちょうど岡山に行った日で今シーズンの運行が終わっていたのです。
帰りはほぼ一日がかりの移動となり、疲れました。
やっぱり飛行機は直行便がいいですね。

空港から我が家までの帰り道に旅で疲れた「きたあかり」がゴロツイたことは内緒です。
「いとこはやさしかったのに、パパやママは楽しかったこと忘れちゃたの?」って泣いてました。
ま、一泣きしたあとはすっきりしたのか、いつもの「きたあかり」に戻ってましたが。

たのしい帰省でした。
お相手をしてくれた皆さんありがとうございました。
すぐには無理ですが、また機会があれば、帰省したいものです。
その時はまたよろしくおねがいしますね。
スポンサーサイト
プロフィール

ひげ

Author:ひげ
北国で暮らすひげです。
厚い脂肪に守られて寒くありません。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
フォト蔵スライド
最新記事から
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。